MRの仕事内容について解説します




就活生やこれから未経験でMRになろうと考えている方向けにMRの仕事内容を紹介します。

1.製薬会社の営業職であるMR職

MRMedical Representativeの略です。

日本語だと医薬情報担当者となります。

似た用語にMS(医薬品卸)がありますがMarketing Specialistの略です。

基本的にMRは製薬会社の営業職です。

これ大事です。

名前がついていますが営業職です。

仕事内容は「製薬会社が開発した薬をDr.に適正使用してもらうように活動すること」です。

医療関係者に提供するのは薬の情報だけです。

その情報を聞いた先生が患者さんに処方することでMRの売り上げが上がります。

従って、直接製品を売らないという特徴があります。

パンフレットのデータを見せるのがほとんどです。

また基本的には価格交渉はしません。

価格交渉を行うのはMSです。

補足
実際にはMRが価格交渉を行うことも稀にあります。機会は本当に少ないです。

薬を使ってもらった後は副作用情報や効果を調べます。

「薬の様々なデータを取ること」もMRの仕事です。

MRの仕事のスタイルですが「医療機関に車で訪問して時間を頂き自社製品の情報提供」を行います。

しかも情報提供には「適応外の疾患に対する情報提供はしてはいけない」等の規則があります。

ただ、面会しているだけではなかなか薬は処方されません。

そこで説明会や講演会といった政策を入れることによってより薬の普及が可能となります。

説明会とはお昼に15分くらいの時間を先生からもらってMRが自社製品に関するプレゼンをする会です。

この時にお茶と弁当も持っていきます。

続いて医療連携や処方拡大を目的とした講演会の企画、運営という仕事もあります。

内科ですと、専門医と医療連携することにより患者さんの紹介がスムーズになります。

また、Dr.toDr.の方がインパクトが強いので自社製品を評価して頂けてる先生に講演してもらうことで処方拡大を目指します。

この講演会の企画・運営をMRがやります。

MRは営業職なのでもちろん売り上げ目標というものがあります。

この売り上げ目標は製薬会社によって異なります。

売り上げ目標である予算が多い製薬会社や予算が少ない製薬会社があります。予算が多いほど激務と言われます。

さらに納涼会、忘年会、ゴルフコンペといった行事参加もあります。

(行事参加はいずれなくなる可能性は高い)

またMRは会社員なので社内の仕事もあります。

主に書類の作成と日報の作成です。

基本的には営業の内容は全て書類で報告することで管理されています。

常に上司がついて周る訳でないので今日の活動や売り上げを上げるための計画を書類にまとめて上司に報告します。

2.MRの給料は高い

Q:MRの給料は高いですか??

A:高いです。

MRの給料はとても高いです。

他の業界の大手クラスの給料がもらえます。

ボーナスも高いです。

どの程度高いのかというと新卒で入社した場合、普通に遊んで、ブランド品を買っても十分に生活可能です。

貯金もできます。

なぜ高いのかというと、1つ目が日当がもらえるからです。

この日当というは給料とは別にもらえるお金で税金がかかりません。

だいたい1か月で6万くらいはもらえます。

この日当だけで生活して給料を貯金するって方もいました。

僕はだいたいクレジットの支払いに消えてしまいましたけどね。

2つ目の理由が家賃補助が手厚いことです。

8割から9割会社から補助が出るので、一人暮らしでもある程度自由にお金を使えます。

家賃補助が手厚いのがMR職の特徴です。

これだけ家賃補助が手厚い職業はなかなかありません。

その代わり転勤があります。

MRの給料が高いと言われる理由は非課税の日当と家賃補助が手厚いことが大きな理由です。

基本給自体は他の仕事と比べてもそこまで大差ないですね。

3.MRの仕事のスタイルについて

MRの仕事のスタイルのほどんどは医療関係者と話をすることです。(面会と言われています)

話す内容は毎回違いますが、車で医療機関に訪問して時間をもらって話すスタイルは同じです。

一日6軒から8軒くらい訪問します。

話す内容で多いのは自社製品の情報提供です。(副作用や有害事象の情報を聞き取ったり、講演会の案内をしたり、説明会の予約したりと他にもあります)

MRが一方的に話す訳ではなくて相手と会話をするイメージを持って頂ければと思います

従って、常に勉強する必要があります。

医学はどんどん新しい情報が出てくるので、それをしっかりインプットしておかないと面会する際に相手にしてもらえないことがあります。

また、医療機関を一人で訪問するので自由な時間は多いです。

体力的にきつければその場で車をとめて休むことも可能です。

逆にバリバリ働いてもいいので、自分のペースで仕事を進めることもできます。

4.自分を律せる人はMRに向いている

MRに向いている人はたくさんいると思います。

コミュニケーション能力が高いフットワークが軽いなどはよく言われることです。

僕が一番大事だと思うことは自分を律することができるかです。

MRは自由な反面言ってしまえば仕事をあまりしなくても大丈夫な部分があるのは事実です。

ご想像通り、サボる習慣がつくともちろん売り上げは下がります。

しかも一気に下がらなくて知らないうちに下がっていきます。

従って、自分をしっかり制御してコツコツサボらず働くことができる人がMRとして成功しています。

売り上げが伸びないMRはサボっている人が多いので、MRには真面目さが必要ですね。

また、もう一つ大事なことがあります。

それはメンタルの強さです。

  • 数字のプレッシャー
  • 製品への否定的な意見
  • 常に一人の環境
  • なかなか思い通りにいかない営業

など

メンタルが強くないとMRを続けていくことは難しいです。

他の職業に比べて営業職というのはノルマがあるので強いメンタルがないと厳しいことは間違いありません。

5.MRに向いていない人

一定の仕事をして一定の給料がもらえればそれで満足という考えの人にはMR職はオススメしません。

仕事量も多いですし、プライベートの時間が取れない時期もあります。

またメンタルが弱いと病んでしまうケースもあるのでメンタルが弱い人にもオススメできません。

6.まとめ

MR職は向いている人には天職だと思います。仕事を頑張って評価してもらいたい人はMR職を考えてみてくださいね。長い記事を読んで頂きましてありがとうございました。ばーい。




コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

えるく

製薬会社の営業(MR)をやっていました。自分の興味があることを発信したくてこのブログを作りました。楽しんでください!