MRからの転職の準備におすすめのサービスを紹介します




パンダくん
転職を考えているけど色々調べてから転職したいなー。いいサービスはないかなぁ??
えるく
いいサービスがありますよ。紹介しますね。

転職を成功させるにはそれなりの準備が必要になります。

この記事は「今すぐ転職する気はないけど将来的に転職したいと考えている方」向けの内容になります。

自分でできること

数ある転職サービスに登録する前に今の会社や今の職業のどんな点が不満なのかをなるべく具体的にリストアップしておく必要があります。

また、転職したとしても自分の希望を完璧に叶えてくれる会社はなかなか見つかりにくいです。

例えば「今の会社の満足度が40%だとすれば転職の結果60%になった」みたいな感じですね。

従ってどうしても改善したい項目を1つから2つ書き出します。

 

僕の例をご紹介します

現職業の改善したい点:全国転勤をどうしても受け入れることができない。

改善案:MR職は住居の移転を伴う全国転勤がある→住居の移転を伴う全国転勤がない職業に就きたい。

備考:出張は可、住居の移動を伴わない転勤は可(自宅から通える範囲)

 

こんな感じです。

これだけをしっかり考えておくだけでも転職の成功率は上がります。

あとはこの条件をもとに転職先の候補を探していきます。

ビズリーチで転職先候補を探す

 

ビズリーチは株式会社ビズリーチが運営している転職サイトです。

公開求人数は転職サイトトップクラスです。

ビズリーチには無料プランと有料プランがありますが、求人を見るだけなら無料プランで大丈夫です。

どんな求人があるのかを調べるには求人数が多い方が色々と調べることができます。

従って、ビズリーチを利用して求人を調べます。

 

多くの転職サイトの求人は非公開求人が大半を占めます。

非公開求人とは転職エージェント経由での求人紹介でしか出会うことのできない求人のことです。

実際に転職活動をする際には非公開求人を紹介してもらいましょう。

(非公開求人には魅力的な案件が多い)

 

さらに、ビズリーチは現在の年収が500万円以上の人向けのハイクラスの転職サイトです。

MRの給料は高いので「あまり年収を落としたくない」というMRの希望を叶える求人が多いのも特徴です。

ビズリーチへの登録は下のボタンからできます。

リクナビNEXTで自己分析をする

 

リクナビNEXTも有名な転職サイトです。

このサイトの特徴は登録するとグッドポイント診断という自己分析ツールを無料で使うことができる点です。

もちろん求人を見ることもできます。

グッドポイント診断の所要時間は約30分で質問に答えていくと自分の強みを分析してもらえます。

このグッドポイント診断はリクナビNEXT独自のツールですので、かなり本格的です。

僕もやってみましたが正確に自分の強みが出てきます。

しかも意外と自分が気づいていない項目が多いですね。

僕の診断結果の一部を載せておきます。

こんな感じで意外な診断結果が出ました。

自分の発想がユニークとはあまり思ったことはなかったですけどね。笑

リクナビネクストへの登録は下のボタンからできます。

 

キャリコネで会社の口コミを閲覧する

 

キャリコネは現社員の方が自分の会社に関する口コミ、年収状況、社風、面接体験などを共有するサイトです。

ビズリーチ等で興味がある会社をピックアップしたらその会社の口コミをキャリコネで調べます。

キャリコネに登録するには以下の2つ方法があります。

 

自分の会社の口コミを投稿する→投稿日から1年間全ての企業の口コミレポート閲覧することが可能

ID一括登録サービスに登録する→キャリアシートを登録し審査を通過すると全ての企業の口コミレポートを無期限で閲覧することが可能

 

投稿はもちろん匿名なので誰が投稿したのかについては伏せられています。

投稿する際の注意点ですが、個人を特定されることを防ぐため口コミに個人情報を入れることは控えた方がいいです。(例:具体的な名前など)

キャリコネへの登録は以下のボタンからできます。

  

口コミはかなり信頼できる

実際に転職サイトの求人情報や転職エージェントからの求人情報からでは企業のざっくりとした特徴や仕事内容しか把握することができません。

そこで、利用すべきサービスがキャリコネです。

試しに僕が所属していた会社の口コミを見てましたが、驚く程正確でびっくりしました。

口コミを読めばある程度どんな会社であるのかは把握できると思います。

しかも、比較的口コミの数も多いので情報が偏っていないのも良い点です。

口コミの見るべきポイント

仕事内容や年収といった仕事に関わる情報は転職エージェントに質問すれば大体解決します。

ただ、社風や細かい給与体系、昇格などの部分に関しては口コミを参考に情報を集める必要があります。

ちなみに転職エージェントでも現場の雰囲気は正確に把握していないことが多いです。

企業の情報は人事部からの情報が主なので、現場との開きがあるケースもあります。

そこで口コミで確認すべきポイントをいくつか紹介すると

  • 評価は実績と行動の比率が◯対◯なのか
  • 上下関係は厳しいのか
  • 会社の将来性はどうか
  • 社内の風通しはいいのか
  • 年功序列または実力主義か
  • 残業は多いのか

などです。

これらの情報は人によって感じ方が違うので、口コミを閲覧して自分で判断した方がいいと思います。

実際に仕事内容よりも働く環境の方が長く続けていく上では大切なので転職を考えている方は気になる企業のこれらの情報を集めておいてください。

最終的には面接の際に直接企業に聞くことがベストです。

あくまで事前情報の収集としてご活用頂ければと思います。

転職の準備としてやっておくべきこと

実際の転職活動になると職務経歴書を書くことになります。

職務経歴書は簡単に書くと「自分の仕事の紹介みたいな書類」です。

これを書くには自分が今やっている仕事や自分が身につけたスキルを文章化する必要があります。

職務経歴書はただやったことを書くだけでなく

  • どんな狙いで計画したのか
  • 実際にやってみて成果はどうであったか

などのように「次の仕事で自分はこんなことができる」というアピールに繋がるように書かなればなりません。

 

この職務経歴書はすぐに書くことが難しいので自分の成功体験、失敗体験を一度整理しておくといいですね。(実際に職務経歴書を書く場合は転職エージェントに添削してもらった方がいいです)

:新薬の新規採用

新薬が発売する前にきちんと事前準備ができていたので発売になった際にスムーズに活動することができた。

実際はもっと深掘りしてより具体的に書く必要があります。

従って、将来的に転職を考えているのであれば、今現在の仕事を職務経歴書に書けるようにこなしていくのもアリだと思います。

:◯◯施設で新規採用(計画)→具体的な活動を練る(計画)→実際に新規採用はできたのか(活動)→採用できたのならばその要因を書く(分析)、採用できなかったのならば採用できなかった要因を書く(分析)→採用できなかった場合→(計画)に戻る

3回くらいこの一連の流れを書いて新規採用できないのならば諦めるのも一つの方法です。

諦める際にはどうしても無理な要因を書いておくと説得力が高まります。

 

ある程度自分の転職先が見えたらそこで活かせるスキルや知識の習得を始めるのもオススメです。

また例を出してご紹介します。

:オンコロジーMRになりたいならば癌領域の勉強を始めてみる

こんな感じで具体的な転職希望先が見つかったらそこで活かせる知識の習得を少しずつ開始してみるといいと思います。

まとめ

転職活動はしっかりとした準備をすれば成功する確率が高くなります。

また今の仕事を頑張ることがいい転職先に巡り合うことにつながっているので日々の努力も大切にしてくださいね。

 




コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

えるく

製薬会社の営業(MR)をやっていました。自分の興味があることを発信したくてこのブログを作りました。楽しんでください!