一人暮らしをする際の部屋探しについて【大学生向け】




こんにちは。

えるくです。

僕は大学生の頃一人暮らしをしていました。

しかも部屋探しで一回失敗して引っ越しも経験しました。

そこで、これから一人暮らしを考えている方へ部屋探しのポイントをご紹介したいと思います。

1.学校から近い場所を選ぶ

結論から書いてしまうと家賃は多少高くても場所は大学に自転車で通える所がオススメです。

理由をまとめます。

大学の近くに借りる理由
電車で通うのは時間がもったないない

自由な時間が増える

便利

大きく分けるとこの3つかなと思います。

1-1.電車で通うのは時間がもったいない

僕は最初、家の最寄り駅から大学の最寄り駅まで6分で着くところに部屋を借りていました。

家から最寄り駅までは歩いて3分くらいで、かなり立地の良い物件でした。

ただ、大学まではdoor to doorで約30分かかりました。

具体的には(うまくいったケースを書いています。)

まず電車が来る時間の少し前までに駅に行きます。(歩き約3分+待ち時間約2分=計5分)

そして電車が来たらそれに乗って大学の最寄り駅まで行きます。(6分)

最寄り駅に着いたらそこから徒歩で約15分くらいトコトコ歩いて大学まで通っていました。(約15分)

これが最初の物件の家から大学まで通うプロセスになります。

ただ、電車が遅延したり、駅が混んでで出るのが遅くなったりとか色々とありますのでこれよりかかってしまうこともありました。

 

僕が無駄に感じたのは「駅で電車を待つ時間」と「電車に乗っている時間」と「歩く時間」です。

そう全てです。

「意外と時間がかかるな」と当時感じていました。

せっかく一人暮らしをするのならばもっと通学時間を短縮させたいと思い大学の近くの物件を探しました。

探した結果、先輩からの紹介で大学から自転車で5分という神立地の物件に出会うことができました。

しかも家賃がこちらの方が安かったです。

さらに電車に乗らなくなったので、通学定期代も浮きました。

door to doorで5分です。

約25分の通勤時間の短縮になりました。

通勤時間の短縮以外にも電車の遅延を気にすることがなくなったし、朝自転車に乗るのがとても気持ちよかったという付加効果もついてきました。

1-2.自由な時間が増える

これは当たり前なのですが、通学時間が減ればその分自由な時間が増えますよね。

朝の時間はとても貴重なのでこれが増えたということは本当にありがたいことでした。

夜の時間が30分増えるより朝の時間が30分増えた方が僕はいいかなと当時思いました。

1-3.便利

大学の授業は空き時間が多いので、その時間に家に帰ったりすることもできました。

また、4年生の時に研究していると長い時間放置みたいな実験もあったので、その間は家に帰って、家事をやったりしていました。

一人暮らしの家事は避けられないので、いかに効率よくこなせるかも大切になります。

ちょっと食費を削りたい時は家に帰ってふりかけご飯とか卵かけご飯を食べたこともありました。

学食は安いですが、家で食べた方がさらに安いです。

流石に毎日はキツイかったので、たまには学食も食べましたけどね。

2.一人暮らしの費用

住む場所にもよりますが初期費用は結構かかります。

まず家を借りる時に敷金、礼金という家賃以外にかかる費用があります。

だいたいそれぞれ家賃1ヶ月分のところが多いですね。

稀にどちらかなしみたいな物件もあったりします。

後は生活家電ですね。これも結構人によって変わりますが、結構かかります。

僕は全部リサイクルショップで安く買いました。

後は固定経費が毎月かかります。

家賃、電気代、光熱費が毎月かかります。

今はスマホが普及したので、インターネット回線はいらないかもしれませんが、僕の時はガラケーが主流だったのでwi-fiルーターも契約していました。

あと、意外とお金がかかるのが洗剤といった日用品ですね。

実家に入ればこの辺はまずかからないと思いますが、一人暮らしだと自分で掃除や洗濯をするので無視できない出費です。

これにプラスで食費や交際費がかかります。

従って、実家から通えるのならば通った方が自由に使えるお金は多いと思います。

大学生の一人暮らしは常に金欠です。

3.一人暮らしのメリット

ただ、一人暮らしにもしっかりメリットはあります。

こちらをまとめておきます。

  • 通学時間が大幅に短縮される
  • アルバイトをする時間が増える
  • 自由な生活を手にいれることができる
  • 実家のありがたみがわかる
  • 社会人になった際に一人暮らしの経験を活かすことができる

僕が感じたことはこの5点ですね。

3-1.通勤時間が大幅に短縮される

これは上に書いた通りですが、大学まで自転車で通える範囲の物件がオススメです。

3-2.アルバイトをする時間が増える

アルバイトしないとやっていけないので、自然と増えます。

時間も多くあるので頑張って働きましょう。

3-3.自由な生活を手に入れることができる

実家に居ると良くも悪くも家族がいるので好き放題はやることができません。

一人暮らしは当たり前ですが、自分しかいないので自分がルールです。

3-4.実家のありがたみがわかる

炊事、洗濯、掃除などの家事は一人暮らしを始めてから自分でやるようになったので、本当にこれらをやって頂いていたありがたみがわかりました。

ただ、慣れるので別に心配しなくても大丈夫です。

3-5.社会人になった際に一人暮らしの経験を活かすことができる

これは結構ありますね。

僕は大学卒業後に製薬会社に入社しましたが、一人暮らしになりました。

ここで、過去の経験が活かされました。

だから、将来一人暮らしになる可能性が高い人は大学生のうちからやっておくと結構スムーズに社会人になっても暮らせると思います。

ちなみに社会人から一人暮らしを始めても全く問題ないです。

4.おまけ

一人暮らしを始めると結構周りに一人暮らし仲間がいるので、その仲間と鍋を食べたり、ゲームしたりと楽しいです。

また、ホームパーティ的なこともできます。

僕はよくタコパとかやっていました。

一人暮らしはお金は確かにかかりますが、学べることはたくさんあるのでもし可能であればやってみてもいいかと思います。

 




コメントを残す