若手MRの年収についてMR経験者が語ります




こんにちは。

今回は若手MR(入社5年目くらいまで)の年収というテーマで記事を書いていきたいと思います。

僕は内資系の製薬会社に所属していました。

他の製薬会社と大体は同じですが微妙に違う部分があるのでその辺はご了承頂ければと思います。

MRの年収の内訳

まずざっくり書くと

  • 毎月の基本給
  • 日当
  • ボーナス
  • 家賃手当
  • 車両手当

この5つに大きく分けることができます。

毎月の基本給

毎月の給料は別にそこまで高くなくて新卒の際は他の職業とほぼ同じです。

 

そして会社によって違いはありますが基本給は等級みたいなもので決まります。等級みたいなものが上がっていくと基本給も上がっていきます。

 

内資系の製薬会社は年功序列で等級が上がるのでそれに応じて基本給も上がっていく会社が多いですね。

 

それに対して外資系製薬会社の場合、基本給はあまり変わらずに実績に応じたインセンティブが支給されます。

日当

この日当がめちゃめちゃアツいです。

 

MRはみなし労働というシステムを採用しているので残業という概念がありません。

 

その代わり一日外勤すると約3000円の日当がもらえます。(会社によって金額は違いますが日当の平均は3000円くらいだと思います。)

しかも非課税です。

例えば月20日外勤したとすると月に6万円もらえます。

ボーナス

ボーナスに関しては会社の業績と営業成績に依存するのでなんともいえませんが僕の場合ギリギリ3桁いかないくらいの額を入社2年目にもらっていました。

 

初めてボーナスをもらった時は今までそんな多くのお金をもらったことがなかったので少し戸惑いました。

 

ボーナスの回数ですが年2回の会社が多いと思います。

 

外資系だとインセンティブがプラスでもらえるような話も聞いたことがあります。

 

ボーナスに関しても会社によってシステムが違うので人事に確認しておいた方がいいです。

 

ポイントは営業成績がどれだけ反映されるかという点です。

 

僕がいた製薬会社では基本的に支店の達成と営業所の達成が大きかったので個人で売り上げを上げてもそこまでボーナスが増えませんでした。(少しは増えた)

家賃手当

製薬業界の家賃手当は本当に手厚いです。ここまで家賃手当が手厚い業界は他になかなかありません。なぜこんなに手厚いのかというと全国転勤があるからです。

 

会社の都合で転勤させるのでその分住む場所に関しては補助しますって感じです。

 

これも会社によってかなり違いますし、配属されるエリアでも違います。

参考までに僕の例を挙げると・・・

政令指定都市に配属されて約家賃7万の家に住み、会社からの補助は約5万でした。

 

補助の額に関しては大手の製薬会社程手厚いです。10万の家に住み補助9万みたいな会社もあります。これも会社によって違うので人事に確認してみてください。

車両手当

これは会社によって違いますが、僕が所属していた会社では自分の車を営業車として使用できる制度がありました。

 

この補助が月に約3万でした。

 

もちろん営業活動で使用した分のガソリン代は会社から出ましたし、月1回だったら洗車代も出ました。

 

また、駐車場代も会社が7割負担してくれました。

 

具体的には僕の場合、月2万円のところを借りていたので14000円の補助が毎月ありました。

 

ちなみにこの制度は全ての製薬会社であるわけではないです。ない場合車関係は全部会社が用意してくれるのでこちらの負担はありません。ただその場合プライベートで車を使うことはできません。

若手MRの年収まとめ

これら全てをまとめると大体500万から600万くらいが若手MRの年収になると思います。

 

もちろん会社によって基本給やボーナスの額は違うので一概に言えませんがこれだけ若いうちからもらえる職業は少ないです。

 

まとめるとMRの年収が高いと言われる理由は日当と家賃補助が手厚いからです。基本給がすごく高いわけではなくて総合的な収入が多いと思って頂ければと思います。

支出の話

今度は出る金額の話をしていきます。

 

これもかなり個人差があるので参考になるかわかりませんがMRは酒が好きな人が多いので飲み会が非常に多いです。ですので交際費が結構かかりました。ただ飲み会には別に行かなくてもいいのでお金を貯めたい人は断ることをお勧めします。

 

またMRの場合営業経費というお金を仕事で使うことができます。これから規制される可能性はありますが顧客と昼を営業経費で食べにいくことができます。

 

これは名目上は「先生が面会する時間がないくらい忙しい場合昼を食べながら情報提供してもいいですよ」というシステムです。

 

お昼の時間をもらうので昼食を提供してもいいってことです。ということはMRの昼代も浮きます。

 

またMSと昼を食べに行くこともありました。従って昼代はたまに浮かすことができました。昼代が無料になるのはかなりおいしいですね。

 

ただ顧客との食事に関してはこれから厳しくなることが予想されます。

 

また、講演会が終わった後余った料理を食べたり、説明会の後余った弁当を食べたりと食費に関しては結構浮くことが多かったです。

 

だからうまく節約すれば結構貯金することは可能です。20代で1000万貯めたというMRにも数名出会いました。

 

ちなみに僕はゴルフだの飲み会だのに使ってしまったのであまり貯金することができませんでした。かなり反省しています。

まとめ

今回はMRの年収に関して詳しく書きました。やはりMR職は年収が高い方ではありますね。これからMRを目指す方の参考になれば幸いです。

 




コメントを残す