中学生におすすめの塾は個別指導塾と集団指導塾どちらなのか




こんにちは。

今回は中学生におすすめの塾について書いていきます。

1.塾は個別指導塾と集団指導塾に分けることができる

塾と一概にいってもいろんな形態があります。

大きく分けると

  • 個別指導塾
  • 集団指導塾

に分けることができます。

1-1.個別指導塾

個別指導塾は先生1人に対して生徒さん1~3人を指導します。

個別指導塾といっても結構ばらつきがあるのが現状です。

料金は当然生徒さんの数が減れば高くなります。

1:1が一番高いです。

講師は大学生のアルバイトであることが多いです。

もちろん社員の方が担当するケースもあります。

1-2.集団指導塾

集団指導塾も結構生徒さんの人数にばらつきがあります。

先生一人に対して生徒さんは最小で5~6人で最大で30人くらいです。

値段はリーズナブルなことが多いですし講師のレベルが高いのが特徴です。

1-3.両者の違い

個別指導塾の場合基本的には生徒さんに合った指導をします。

先生が話し続けるというよりは生徒さんと会話しながら授業が進みます。

途中わからないことがあれば気軽にその場で質問できますね。

集団指導塾の場合先生主体で授業が進みます。

一方的に先生が話しているのを聞くというのが集団塾のスタイルです。

学校の授業に近いですね。

両者で大きく違うのは授業の進行が生徒主体なのか先生主体なのかということです。

もちろん個別の場合でも「先生に任せます」といば先生主体で授業が進みます。

ただ生徒さんが授業を聞いていて「この単元がよくわからないから詳しくやりたい」という要望があればその対策をします。

このような対応は集団塾ではあまりないです。

理由はその人一人のために授業をするケースはほぼないからです。

2.どちらにもメリットはある

そもそも集団で授業を聞くということに抵抗がある生徒さんは個別指導塾の方が適しています。(成績が上がるかどうか別として)

塾はいろんな学校の生徒が通うので知らない人が多いです。

塾には学校のように他の生徒と仲良くなるようなシステムは特にないので集団塾は居心地が悪いと感じる生徒さんはいらっしゃいます。

一方で学校のように集団で授業を受けたいと思っている生徒さんには集団塾が向いています。(成績が上がるかどうかは別として)

3.本気で成績を上げるなら集団塾または1:1の個別指導塾

中学生の場合、教えている先生の実力というよりは生徒さんが一人でいかに勉強することができるのかが成績を上げるには大事になってきます。

理由は考えることよりも覚えることの方が中学生は多いからです。(高校入試)

従って、難関私立を狙わないで公立高校の合格を目指すのであれば一人でコツコツ勉強することが大切です。

難関私立を目指す場合その対策をしてくれる専門の塾に行くことをおすすめします。

普通に勉強しているだけでは難関私立の合格厳しいです。

となると公立高校を目指すのであれば勉強すべき箇所をしっかり教えてくれる塾がおすすめです。

勉強すべき箇所をしっかり教えてくれる塾というのが集団塾または1:1の個別指導塾です。

高校入試(公立高校)の場合、出るところはある程度決まっています。

従って、その対策をしっかりやれば成績は上がります。

さらに集団塾の場合ある程度実力のある先生が授業を担当してくれるのでこれについていけばOKです。

(大学生でも優秀な大学生が多いです)

一方で個別指導の場合、先生のあたりはずれが多いです。

(個別指導塾では先生がたくさん必要なのでこれは仕方ないです)

さらに1:3や1:2だと生徒さんを一緒にみなければならない関係で解説の時間はあまり取れません。

問題を解いている時間が多いですね。

従って、1:3や1:2の個別塾だと一回の授業で得られる知識がどうしても少なくなってしまいます。

1:1ならば解説の時間を多く取れるので理解が深まります。

4.個別指導塾の一人一人にあった指導について

多くの個別指導塾の看板には「生徒さん一人一人にあった指導」と書いてあると思います。

これ半分本当で半分嘘です。

まず個別指導塾でも授業は1教科あたり週に1コマ(80分から90分)です。

この授業回数でゆっくりやっていたら授業はほぼ進みません。

(通塾回数やコマ数を増やせば話は別ですが)

だから「わからないから」といってその問題に多くの時間を使うことは難しいんですよね。

しかもレベル別のテキストが用意されているわけでもなくみんな共通のテキストです。

従って解く問題は同じです。

だから、ある程度指導法は同じになってしまいます。

しかも中学生(高校入試)の場合、公式を使えれば解決したり覚えれば解決する問題が大半なので、結局最後は「これ覚えて」になってしまいます。

個別とはいえやっていることは集団とほぼ同じなんですよね。

 

また個別塾だから特別成績が上がりやすいということは僕はないと思っています。

成績を上げる上で一番大切なことは自己学習です。

自己学習をしないと成績は伸びません。

特に定期テストは学校でやったことがよく出るのでしっかり学校の授業を聞いて学校指定教材を繰り返しやることが成績UPの一番の近道です。

5.まとめ

集団塾と個別塾で迷っているならば生徒さんの適正を考えて選んでみてください。

集団でやっていけそうならばまず集団にチャレンジしてみてください。

選ぶ際はなるべく同じ中学の生徒さんが通っている塾がおすすめです。

理由は定期テスト対策や補習を一括でやってくれるケースがあるからです。

集団がどうしても合わないのであれば個別に変えてみてくださいね。

塾を変えることは別に珍しいことではないです。

 

 




コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

えるく

製薬会社の営業(MR)をやっていました。自分の興味があることを発信したくてこのブログを作りました。楽しんでください!