おすすめのウォーターサーバーを紹介させてください




こんにちは。

えるくです。

ウォーターサーバーにはたくさんの種類があるのでいざ契約しようと思ってもどれを選ぶべきか迷うと思います。

僕も迷いました。

そこで今回はウォーターサーバーを選ぶ際に見るべきポイントおすすめのウォーターサーバーをご紹介します。

ウォーターサーバーが必要かどうかに関してはこちらを参考にしてください。

1.水の種類

ウォーターサーバーの水には大きく分けて

  • 天然水
  • RO水

という二つの種類の水があります。

天然水・・・天然の水を採取した水のことで非常に美味しいのが特徴です。

RO水・・・水を高性能のフィルターでろ過した水のことで安いのが特徴です。

天然水とRO水の比較

天然水・・・美味しい

RO水・・・普通

値段

天然水・・・少し高い

RO水・・・安い

*衛生面はどちらの水でも問題ありません。

どちらがいいのかに関しては個人の好みになると思います。

僕は天然水の方が実際に飲んでみて美味しかったので天然水のウォーターサーバーと契約しましたがRO水の方が好みであればそちらでもOKだと思います。

ちなみに大手家電量販店やショッピングモールなどでウォーターサーバーの水の試飲をたまに実施しているのでそちらに足を運んでみて契約する前に一度試飲した方がいいと思います。

成分を見るよりやはり一度試飲した方がわかりやすいです。

ただ全てのウォーターサーバーが試飲のサービスを実施しているわけではないので注意してください。

*僕が契約したプレミアムウォーターは池袋のヤマダ電気で試飲のサービスを実施していました。

現在は実施しているかどうかわかりません。

2.おすすめのメーカー

天然水のお水を飲みたい方にオススメのウォーターサーバーのメーカーは

  • プレミアムウォーター
  • コスモウォーター
  • フレシャス
  • 信濃湧水

の4つメーカーです。

RO水のお水を飲みたい方にオススメのウォーターサーバーのメーカーは

  • クリクラ
  • アクアクララ

の2つのメーカーです。

ちなみにメーカーが同じでもウォーターサーバーの種類がいくつかあるケースもあるのでそこは注意してください。

これらのウォーターサーバーで違うのは主に

  • ボトル交換の位置(下か上)
  • ボトル一本あたりの値段(まちまち)
  • 最低注文量(まちまち)
  • 休止期間(まちまち)
  • 空のボトルの処理方法(ワンウェイ方式かリターナブル方式か)

です。

*ワンウェイ方式はボトルが空になったらそのまま捨てることができます。

*リターナブル方式は業者が空のボトルを回収してくれます。

2-1.ボトル交換の位置

ウォーターサーバーの水のボトルの交換位置は大きく分けて

の2つのタイプがあります。

人気があるのはですね。

理由は下の方が交換するのが楽だからです。

ウォーターサーバーのボトルは大容量(12Lが多い)ということもあり一本が結構重いです。

従って、ボトル交換時に重いボトルを持ち上げることになるので交換場所が上だと大変ですよね。

ただ実際は女性の方や高齢の方でなければ上でも大丈夫です。

僕が契約しているウォーターサーバーは上にボトルを設置するタイプですが、特に不都合はありません。

ボトルを持ち上げる際にちょっと重いなとは感じますが余裕で交換できます。

しかも毎日交換するわけではないので交換位置が上でもそこまで問題にはならないですね。

ボトル交換場所が上のタイプ

スリムサーバーIII(プレミアムウォーター)12L

スタンダードサーバー(信濃湧水)12L

dewo(フレシャス)7.2L

slat(フレシャス)9.3L

サイフォン+(フレシャス)7.2L

クリクラサーバーL型(クリクラ) 12L or 6L

アクアスリム(アクアクララ) 7L or 12L

フレシャスはボトル交換場所が上ですが容量が少ないので交換しやすいと思われます。

 

ボトル交換場所が下のタイプ

smartプラス(コスモウォーター)12L

cord(プレミアムウォーター)12L

cordは妊婦又は5歳以下のお子さんがいる場合でないと高くついてしまうのでボトル交換場所が下のタイプを希望されるならば

smartプラス(コスモウォーター)一択となります。

2-2.ボトル一本あたりの値段

これはメーカーによってかなり違うのでまとめておきます。

プレミアムウォーター

プレミアムウォーターには12Lと7Lがありますがほぼ12Lなので7Lは省略させて頂きます。

またプレミアムウォーターの特徴として契約年数が長くなればボトルの単価が安くなります。

*税抜きの価格になります。

3年プラン

12L:1840円/本

500ml:約77円

2年プラン

12L:1940円/本

500ml:約81円

マムクラブ・・・

契約時に妊婦又は5歳以下のお子様がいる家庭限定で3年プランになります。

12L:1520円/ 本

500ml:約63円

 

コスモウォーター

コスモウォーターはプランが一つしかないのでわかりやすいですね。

12L:1900円/本

500ml:約79円

 

フレシャス

フレシャスはウォーターサーバーの種類も豊富でボトルのタイプもいくつかあります。

全体的に容量が少ないのが特徴になります。

また水も3種類あって値段が微妙に違います。

4.7L:925円/本

500ml:約98円

7.2L:1140~1170円/本

500ml:約79円〜81円

9.3L:1506円

500ml:約81円

 

信濃湧水

信濃湧水はとにかく安いです。

天然水でこの値段は破格です。

12L:1500円/本

500ml:約63円

 

クリクラ

6Lタイプは交換が楽ですが割高です。

6L:795円/本

500ml:約66円

12L:1242円/本

500ml:約52円

 

アクアクララ

7Lタイプは交換が楽ですが割高です。

7L:900円/本

500ml:約64円

12L:1200円/本

500ml:約50円

 

天然水の相場は500mlあたり約80円です。

RO水の相場は500mlあたり約50円です。

信濃湧水は天然水にも関わらず500mlあたり約63円ですのでかなりお得ですね。

2-3.最低注文量

どのメーカーも一回の注文での最低注文量を設定しています。

*ボトル2本が一般的です。

さらに一定期間に決められた量を注文しないと手数料が発生することが多いです。

*メーカーによって差があります。

ここでは

一回の最低注文量と月の最低注文量(ノルマ)を解説していきます。

 

プレミアムウォーター

一回の最低注文・・・

12L×2=24L

ノルマ・・・

60日に1回の注文です。

60日を超えると800円(税抜き)の手数料が発生します。

 

具体的に書くと

2019年8月24日に12L×2=24Lが配送された場合

最長休止を利用すると次回の配送が

2019年10月22日となります。

 

コスモウォーター

一回の最低注文料・・・

12L×2=24L

ノルマ・・・

2ヶ月に1回の注文です。

2ヶ月以上連続して停止する場合は一台につき800円(税別)の手数料が発生します。

 

フレシャス

フレシャスはサーバーによって一回の最低注文料が違うのでそれぞれ書きます。

一回の最低注文料・・・

dewo(デュオ)、SIPHON+(サイフォンプラス):7.2L×4=28.8L

Slat(スラット):9.3L×2=18.6L

ノルマ・・・

2ヶ月に1回の注文です。

2ヶ月連続でお水を受け取らないと1000円(税抜き)の手数料が発生します。

 

信濃湧水

一回の最低注文料・・・

自社配送エリア 12L×4=48L

宅配便エリア 12L×2=24L

ノルマ・・・

3ヶ月で2箱(4本)の注文です。

直近3ヶ月間の購入本数が2箱(4本)未満の場合事務手数料月額800円が発生します。

 

クリクラ

一回の最低注文量・・・

直営店の配達範囲であれば1本(12L)

直営店の配達範囲に関しては申し込み前に電話で確認してください。

ノルマ・・・

3ヶ月で6本の注文です。

3ヶ月で6本未満の注文の場合1000円(税抜き)がサーバーレンタル代として発生します。

 

アクアクララ

一回の最低注文量

12L×2=24L

7L×3=21

ノルマ・・・

なし

ノルマがない代わりにあんしんサポート料(1000円〜)がかかります。

 

2-4.空ボトルの回収

空になったボトルはそのままペットボトルと同じように捨てるワンウェイ方式と業者が回収するリターナブル方式に分かれます。

  • プレミアムウォーター
  • コスモウォーター
  • フレシャス
  • 信濃湧水

はワンウェイ方式です。

どのボトルも勝手に縮むので捨てるのは簡単です。

特にフレシャスのボトルはかなり小さくなるので捨てるのが楽ですね。

  • クリクラ
  • アクアクララ

はリターナブル方式です。

業者が回収してくれるので捨てに行く必要がありません。

ただ空のボトルを保管しておくスペースが必要になります。

 

3.総合的にかかる費用

結局のところ維持費が総額いくらかかるのかがウォーターサーバーを選ぶ上でにはポイントになります。

そこでかかる費用をまとめていきます。

どんなウォーターサーバーを契約してもかかる費用は

  • 水代
  • 電気代

この2つはウォーターサーバーを利用する以上絶対にかかります。

 

メーカーによっては

  • サーバーレンタル代
  • サポート代

がかかります。

もちろん水代と電気代しかかからないメーカーもあります。

 

サーバーレンタル代が発生する機種

プレミアムウォーター

card×PREMIUM WATER ウォーターサーバー・・・

1000円(税抜き)/月

マムクラブの場合

ボトル2セット/月で500円(税抜き)/月

 

フレシャス

dewo・・・

500円(税抜き)/月

前月2箱(57.6L)以上の場合無料

 

SIPHON・・・

900円(税抜き)/月

前月3箱(55.8L)以上の場合無料

 

信濃湧水

エコサーバー・・・

300円(税抜き)/月

 

サポート代が発生する機種

アクアクララ

アクアスリム・・・

1000円(税抜き)/月

アクアファブ・・・

1300円(税抜き)/月

 

クリクラ

クリクラサーバーL型・・・

417円(税抜き)/月

 

となっております。

個人的にはサーバーレンタル料が無料の機種をおすすめしますが電気代を大幅カットできるのであれば有料モデルも候補の一つになります。

特に信濃湧水のエコサーバーはレンタル料が300円で電気代が安いモデルです。

フレシャスはレンタル料が無料になる条件が厳しいですね。

大人数で利用しないとなかなかレンタル料を無料にすることは難しいと思われます。

アクアクララはノルマがない分サポート費用が少し高めになっています。

4.おすすめの機種

数ある中からおすすめのウォーターサーバーをご紹介します。

オススメ1位

smartプラス(コスモウォーター)

smartプラスは水代と電気代しかかかりませんしお水も美味しいと評判の天然水です。

ボトル交換位置も下なので思いボトルを持ち上げる必要がありません。

ノルマもそこまで多くないので水を消費しきれないこともほぼないと思います。

>>登録ページ→コスモウォーター  

オススメ2位

スリムサーバーIII(プレミアムウォーター)

僕が契約しているモデルです。

プレミアムウォーターはいくつか種類がありますがスリムサーバーIIIが一番オススメです。

プレミアムウォーターも維持費はコスモウォーターと同じく水代と電気代しかかかりません。

水はかなり美味しい天然水です。

ノルマもそこまでキツくないのであまり気になりません。

2位にした理由はボトル交換位置が上だからです。

重いボトルを持ち上げるのはそれなりに手間がかかります。

また初回契約時に手数料が発生します。

たまにキャンペーンをやっていて初回契約時の手数料が無料になることが過去にはあったようです。

ちなみにコスモウォーターは初回契約時の手数料は無料です。

>>登録ページ→プレミアムウォーター

オススメ3位

スタンダードサーバー(信濃湧水)

スタンダードサーバーも水代と電気代しかかかりません。

水の美味しい天然水です。

信濃湧水の特徴は何と言っても安さです。

天然水が500mlで約63円はお得です。

3位にした理由は少しノルマが他よりも多いからです。

従って、水をある程度消費することが見込める方にはオススメしたいと思います。

>>登録ページ→信濃湧水

5.まとめ

今回オススメさせて頂いた3つの機種から選んでもらえれば失敗はほぼないと思います。

僕はプレミアムウォーターに契約しているのでプレミアムウォーターに関する質問があればツイッターから受け付けますのでよかったらどうぞ。

快適なウォーターライフを過ごしてくださいね。




コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

えるく

製薬会社の営業(MR)をやっていました。自分の興味があることを発信したくてこのブログを作りました。楽しんでください!