【食レポ】鶴ヶ島の魔人豚(マジンブー)に行ってきた【二郎系】




こんにちはえるくです。

先日、埼玉の鶴ヶ島にある魔人豚(二郎系)に行ってきたので早速レビューしていきたいと思います。

店の情報

魔人豚の店の情報はこちらになります。

店主の方は二郎で修行されていた方で本格派の二郎系です。

 

【店名】魔人豚(マジンブー)

【住所】埼玉県川越市小堤910-28 エスパース・リュミエール五番館1F

【アクセス】東部東上線「鶴ヶ島」駅東口から徒歩1分

【営業時間】12:00〜14:15(L.O.)18:00〜22:00(L.O.)*材料切れの場合終了

【駐車場】駐車場はないが近くにコインパーキングあり

 

立地は駅からすぐなので、電車で行ける方は電車で行くのがいいかなと感じました。

ちなみに僕は電車で行くことが厳しかったので車で行きました。

駐車場はないので近くのコインパーキングに車を停めることになります。

いくつかコインパーキングがあるのですが、その中でもオススメをご紹介します。

TSUTAYA鶴ヶ島店の駐車場(タイムズ鶴ヶ島第2)

→30分で200円

*ただTSUTAYAを利用すれば1時間無料

TSUTAYAに用がある方はこちらがオススメです。

ウエルシア薬局鶴ヶ島駅西口店の駐車場

→30分100円

*ただしウエルシア薬局を利用すれば30分無料

食後に黒烏龍茶をここで買いました。

うまかったですね。

 

僕はTSUTAYAで買うものがなかったのでウエルシア薬局の駐車場に停めました。

よほど混んでいなければ1時間分の料金しか取られないと思います。

ただ、30分で戻ってくるのはちょっと厳しいですね。

ラーメンを食べました

メニューは

  • ラーメン
  • つけ麺
  • まぜそば

の3つです。

無料トッピングは二郎系でお馴染みの

  • ヤサイ
  • ニンニク
  • アブラ
  • カラメ

有料トッピングは

  • ちょい味噌味
  • 辛い
  • 豚増し
  • 生卵
  • 魚粉
  • チーズ
  • 味玉
  • うずらの卵

です。

メニューは大きく分けてラーメン、つけ麺、まぜそばの3種類があります。

今回僕は普通のラーメン(250g)と生卵を注文しました。

トッピングはニンニク、アブラでコールしました。

それがこれです。

ドーン

 

ラーメン ニンニク アブラ

 

このインパクトです。

元気玉クラスですよね。

量はかなり多かったです。

ミニラーメンもあるので完食できる自信がない方はそちらをご注文してみてください。

食べた感想はとにかくうまかったです。

スープは非乳化系で醤油の味が麺に程よく染み込んでいました。

ヤサイはシャキシャキ系で美味しかったです。

隣に座っていた方がまぜそばを食べていたのですが、すごくうまそうでしたので、今度はまぜそばを食べたいと思います。

食レポ

まずいつも通りヤサイとアブラを一緒に食べ進めてある程度量を減らしました。

えるく
アブラをドレッシング代わりにしてヤサイを食べます

ヤサイをある程度食べた後に麺をひと口すすると醤油と豚の旨味が口いっぱいに広がってどんどん食べ進めたくなりました。

途中で頼んでいた生卵につけて食べるとこれまたうまい。

すき焼き風にして食べるこの食べ方オススメです。

いい感じでマイルドになって食がどんどん進みました。

食べ終わった後はお腹がパンパンでかなりキツかったのですが、美味しかったのですごく満足しました。

そしていつもの黒烏龍茶を飲みました。

二郎系を食べた後の黒烏龍茶って格別ですよね。

うますぎて一気に飲んでしまいました。

また機会があれば魔人豚に行きたいですね。

お店に直接行けない方へ

魔人豚は遠くて店に直接行くことは少し厳しいという方は宅麺というサービスを利用すれば家で食べることができます。

 

魔人豚はお取り寄せラーメンベストオブザイヤーに2016年から2年連続で総合大賞を受賞されています。

注意
結構人気商品なので品切れ中のことが多いです。

また、宅麺を利用する上で少し気になるのは送料が若干高いところです。

ただ、店に食べに行けば交通費がかかるのでその分と考えればそこまで高くはありません。

しかも家でゆっくり食べることができるので、僕は結構利用しています。

トッピング、カスタマイズも自由ですよ。

もちろん魔人豚以外のラーメンも買うことができます。




コメントを残す