作っておいて損なしの年会費無料のおすすめクレジットカード3選




パンダくん
クレジットカードを今度作ろうと思ってるけど年会費無料でおすすめのカードは何かなあ

このような疑問を持っている方向けの記事になります。

今回ご紹介させて頂くクレジットカードは年会費無料なので作っておいて得をすることはあっても損をすることはありません。

年会費無料のおすすめクレジットカード3選

おすすめの理由の前に結論から書いてしまうと

楽天カード・・・年会費無料で楽天市場での買い物に強い。

リクルートカード・・・年会費無料で還元率常時1.2%の高水準。

イオンカードセレクト・・・イオン銀行がついてくる。

この3つのクレジットカードです。

僕の場合普段メインで使っているクレジットカードは

  • 楽天カード
  • リクルートカード

です。

支払いはこの2つでほぼ済ませています。

イオンカードセレクトはイオンシネマを利用する際とイオン銀行を利用する際に使っています。

次にそれぞれのおすすめの理由を書いていきます。

楽天カード

おすすめのポイント1→常時1%の還元率

楽天カードは年会費無料の高還元クレジットカードです。

還元率は通常で100円につき1ポイントです。

還元率1%はクレジットカード中では高い方ですね。

楽天カードは100円につき1ポイント還元してくれるので少額決済時でも無駄なくポイントを貯めることができます。

これは地味に嬉しいポイントです。

例えば1000円で10ポイント還元でも同じ1%の還元率ですが999円だと0ポイントになってしまいます。

おすすめポイント2→楽天市場での買い物だと還元率が高い

楽天市場で買い物をする際に楽天カードで決済するとポイント還元率が最低でも3倍(3%)になります。

  1. 楽天市場で買い物をした際の還元(1%)
  2. 楽天市場で楽天カードを使用した際の還元(2%)

の合計3%です。

また楽天カードにはSPUというシステムがあり条件を満たすと楽天市場でのポイント還元率が上がります。

SPUの例

月1回以上楽天市場アプリで買い物をする→+0.5%

楽天ブックスで月1000円以上本を買う→+0.5%

楽天トラベルを利用して宿(5000円以上)を予約する→+1.0%

楽天銀行を楽天カードの引き落とし先に設定する→+1%

この4つは比較的達成しやすいですね。

さらにまだまだあって

楽天証券で月1回500円以上のポイント投資をする→+1%

楽天モバイルの通話シムを契約する→+2%

楽天koboを月1000円以上利用する→+0.5%

楽天ファッションを利用する→+0.5%

楽天ビューティーを月3000円以上利用する→+1%

Rakuten NBA Special・パリーグSpecialに加入する/契約更新する→+1%

楽天ゴールドカード・楽天プレミアムカード・楽天ブラックカード使用する→+2%

楽天の保険の保険料を楽天カードで支払う→+1%

楽天でんきに加入して利用する→+0.5%

楽天Pasha(トクダネ対象商品の購入&レシート申請で合計100ポイント以上の獲得が確定)→+0.5%

これらを全部達成すると楽天ポイントの還元率をMAXで16%まで引き上げることができます。

ただ全部達成するのは厳しいですね。

とはいえ5%〜6%くらいまでならば比較的達成しやすいと思います。

続いて僕が楽天市場で定期的に購入する商品をご紹介します。

定期的に楽天市場で買うものは

  • 洗顔
  • シャンプー
  • 食料

です。

これに加えて欲しいものを欲しい時に買っています。

洗顔とシャンプーに関しては近くのドラッグストアで売っていないので楽天市場で買っています。

ちなみに5と0のつく日(5,10,15,20,25,30)はポイントが5倍貯まります。

従って買い物カゴに欲しいものを欲しい時に入れておき5と0のつく日に買うとポイントを効率よく貯めることができます。

(ただ上限3000ポイントでこのポイントは期間限定ポイントです。)

おすすめポイント3→利用明細の更新が早くて見やすい

楽天カードを使用するとすぐに明細がきます。

さらに「いくら使ったのか」もアプリで簡単に確認することができます。

めちゃめちゃ使いやすいですね。

利用明細の確認がしやすい点もクレジットカードを選ぶ際は大切です。

おすすめポイント4→楽天Edyがついてくる

楽天Edyとはチャージ型のプリペイドカードです。

チャージ方法は色々ありますが楽天カードと一体型の楽天Edyであればオートチャージが便利です。

楽天Edyに楽天カードからチャージする際に0.5%のポイント還元があり、さらに楽天Edyで支払うと0.5%の還元があるので合計で1.0%の還元となります。

楽天Edyは主にコンビニの支払いで使っています。

会計が一瞬で終わります。

*楽天カード一体型の楽天Edyには楽天カードからしかチャージできません。

*楽天カードと一体型ではない楽天Edyには他のクレジットカードからチャージすることができます。

おすすめポイント5→ポイントの使い道に困らない

楽天カードで貯まるポイントは楽天ポイントです。

楽天ポイントには通常の楽天ポイント期間限定の楽天ポイントの2種類のポイントがあります。

この2つのポイントはいくつか違いがあります。

抑えておきたいポイントは

Point1.通常の楽天ポイントの有効期限は(最終利用から1年)に対して期間限定の楽天ポイントの有効期限は約1ヶ月半です。

*このように期間限定ポイントは有効期限が短いので意識して使わないと失効してしまう恐れがあります。

ちなみにポイントを利用する場合期間限定ポイントから消費されます。

Point2.楽天Edyに移すことができるのは通常の楽天ポイントのみです。

他にもいくつかありますがこの2点を抑えておいてください。

どちらの楽天ポイントも楽天市場で1ポイント1円として利用することができます。

楽天市場ではいろんな商品があるのでポイントの使い道がなくて無駄にしてしまうということはほとんどありません。

しかもポイントの有効期限(通常1年)も楽天カードを利用すれば利用した時からさらに1年間延長されるので失効することもほとんどありません。(通常ポイントに限る)

従って定期的に楽天カードを利用すればポイントの有効期限はほぼ永久となります。(通常ポイントに限る)

こんな感じで通常の楽天ポイントは失効することがほとんどありませんが期間限定ポイントに関しては有効期限が比較的短いので注意が必要です。

そこで期間限定ポイントの使い道についてご紹介します。

→楽天市場の買い物に使う

これは鉄板ですよね。

→楽天ポイントカード加盟店で使う(例:マクドナルド、ローソン、ツルハドラッグなど)

これらの加盟店であれば1ポイント1円で楽天ポイントを使うことができるので僕はよく楽天ポイントで支払っています。

特にマクドナルドにはよく行くのでここでポイントを失効させないように使っています。

下のボタン楽天カードの申し込みができます。

リクルートカード

リクルートカードもかなりスペックの高いカードです。

年会費無料で貯まるポイントはリクルートポイントです。

おすすめポイント1→常時1.2%のトップクラスの還元率

リクルートカードは楽天カードを超える常時1.2%の高還元率のクレジットカードです。

従って僕は大きい金額の買い物をする際にはリクルートカードを利用しています。

また固定費を支払うのであればリクルートカードはかなりお得ですね。

おすすめポイント2→ポイントの使い道に困らない

僕は髪を切る際はいつもホットペッパービューティーで美容室の予約をしています。

*ホットペッパービューティで美容室の予約をして来店すれば2%ポイント還元されます。さらにリクルートカードで決済すれば+1.2%のポイント還元です。

ホットペッパービューティーはリクルートのサービスなのでリクルートカードで貯めたポイントはカット代(1ポイント=1円)として使うことができます。

僕の場合リクルートカードで貯まったポイントは全て髪を切る際に使ってしまうのでポイントの使い道には困らないですね。

僕の髪を切るサイクルが2ヶ月につき1回くらいなので良い感じでポイントが貯まりますし貯まったポイントを消費できていると思います。

下のボタンからリクルートカードの申し込みができます。

イオンカードセレクト

イオンカードセレクトはメインで使っているクレジットカードではないです。

使うタイミングは主にイオンシネマで映画を見る時です。

ちなみにイオンシネマのナチョス(チーズソース)はかなり美味しいのでイオンシネマで映画を見るときはいつも食べています。

イオンシネマを利用する際にイオンカードセレクトで料金を支払うといつでも300円オフです。

また毎月1日、20日、30日はイオンカードセレクトで映画の料金を支払うと1100円で映画を観ることができます。

かなりお得ですよね。

またイオンカードセレクトを作るとイオン銀行の口座も同時に開設することができます。

イオン銀行は近くにミニストップがあるので利用しています。

イオン銀行の優れた点は

  • お引き出し
  • お預け入れ
  • 残高照会
  • イオン銀行口座宛のお振込

が24時間365日ATM手数料無料という点です。

僕の場合お引き出しがメインなのでかなり重宝しています。

*他の銀行口座に振り込む際には手数料がかかるケースもあります。

さらに普通預金なのに最大(プラチナステージの場合)で0.15%(税引前)の高金利です。

*ブロンズステージの場合0.03%(税引前)の金利です。

クレジットカードは便利なサービス

クレジットカードは本当に便利なサービスだと使うたびに思います。

特にネットショッピングの際にはクレジットカード払いでないとかなりめんどくさいですよね。

また大金は持ち歩きたくないので金額が大きい買い物をする際はクレジットカードを利用しています。

こんな感じで最低1枚はクレジットカードを作っておくと非常に便利です。

そこで僕が数あるクレジットカードから特におすすめしたいクレジットカードが先程も書いた通り

楽天カードとリクルートカードです。

この2枚は作っておいて損をすることはほとんどないと思います。

年会費はもちろん無料です。

イオンシネマやイオンのスーパーなどイオン系列を利用する機会が多いのであればイオンカードセレクトもおすすめです。

イオンカードはいくつか種類がありますが、イオンカード、イオン銀行、WAONカードがセットになったイオンカードセレクトが一番おすすめです。

クレジットカードに対する僕の考え

僕がクレジットカードを利用する一番の目的は支払いを楽にすることです。

ポイントが貯まることはあくまで副産物として考えています。

(副産物が多いことに越したことはありませんので使うクレジットカードは選んでいます)

というのもポイントのことばかり考えるとちょっと疲れてしまうからです。

だから「現金で払うよりはクレジットカードで支払った方がポイントも貯まるし支払いが楽」くらいの気持ちでクレジットカードを日頃利用しています。

こういった僕の雑な考え方をうまく取り込んでくれるクレジットカードが今回ご紹介させて頂いた楽天カードとリクルートカードです。

とりあえず二つのクレジットカードは最低1%還元してくれるので現金で支払うよりはお得です。

しかも楽天カードに関しては楽天Edyもついているのでこれも便利です。

クレジットカードには得意分野がそれぞれあります。

楽天カードで言えば得意分野は楽天市場での支払いです。

例えばスターバックスカードにチャージする際に一番還元率が高いクレジットカードはJCB CARD Wです。

このクレジットカードはスターバックスカードにチャージすると最大で還元率5.5%です。

従ってスターバックスカードへのチャージに関してはJCB CARD Wは非常に優れています。

だからスターバックスを頻繁に利用する方であればJCB CARD Wを作った方がお得です。

ただ僕は滅多にスターバックスを利用しないので普通に楽天カードでチャージ(還元率1.0%)しています。

僕みたいにそこまで頻繁にスターバックスを利用しないのであれば手持ちのクレジットカードをチャージに利用したとしてもそこまで大きな差は生まれません。

クレジットカード全般に言えることですが扱うクレジットカードが増えればポイントの管理も大変になりますし何よりポイントが分散してしまいます

よく”塵も積もれば山となる”といいますが塵のままでは山にはなりません。

お金をたくさん使う人であればクレジットカードを多く持っていてもある程度のポイントを貯めることができますのでクレジットカードを複数枚持つメリットは大きいと思いますがそこまでお金を使わない方であればクレジットカードは1~2枚の方が効率的にポイントを貯めることができますし管理が楽です。

だから自分がよく利用する経済圏で威力を発揮するクレジットカードを作るのがベストです。

ちなみに僕は楽天経済圏をよく利用するので楽天カードを選択しました。

そして高還元率(1.2%)でポイントの使い道に困らないリクルートカードをサブとして使っています。

年会費無料であれば損はない

今回ご紹介させて頂いたクレジットカードと申し込みページは下記の通りです。

は全て年会費無料です。

従って作っておいて損はないのでどのクレジットカードを作ろうか迷っている方は是非作ってみてくださいね。




コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

えるく

製薬会社の営業(MR)をやっていました。自分の興味があることを発信したくてこのブログを作りました。楽しんでください!