就活生必見!!MRを目指すために準備すること完全ガイド-PART1-




こんにちはLです。今回は就活の時期が近づいてきたので就活を行う上で最低限準備しておかないといけないことについてまとめたいと思います。僕はMRに絞った就活をしていたのでこれからMRを目指す方は特に読んで欲しいと思います。

1.就活に必要な道具

まず就活をするには用意しなければならないものがあります。

就活に必要な道具
★リクルートスーツ

★ネクタイ

★ワイシャツ

★手帳

★就活ノート

★ビジネスバック

★パソコン

★プリンター

★適正検査の問題集

★コート

★パソコン用のメールアドレス

ざっと挙げさせて頂きますとこんなところです。一つずつ解説していきます。

1-1.リクルートスーツ

これは就活をする上では必須アイテムです。現在の就活は基本的にリクルートスーツを着用することになっています。

業界によっては私服で大丈夫なこともありますが、医療業界ではまずありえません。

医療業界は他の業界に比べて服装は少し厳しめですので、注意してください。

厳しい理由はMRが医療機関へ訪問する際、夏でもスーツのジャケットが必要なケースが多くあります。従って、就活の段階でも服装に関しては厳しいわけですね。

リクルートスーツは基本的にスーツ専門店に行けば買うことができます。数ですが、3着あれば十分だと思います。どこで買っても同じなので近い場所で買ってください。

ちなみに複数の購入で安くなったりするのでまとめて買うのがオススメです。

このリクルートスーツですが就活以外でも役に立ちます。

製薬会社の場合、入社すると長い研修があります。この研修でリクルートスーツを着ることができます。就活の時だけ着るというわけではないので安心して買ってください。

1-2.ネクタイ

ネクタイは3本くらいあれば十分です。そんなに高いネクタイもいらないですし、種類も入りません。

社会人になってから好みのネクタイを買ってください。就活のネクタイはシンプルな柄がオススメです。色もあまり派手ではないものがいいと思います。

僕の一押しはブルーのストライプです。これをヘビーローテーションしていました。就活のネクタイは選考にはあまり関係ないので気楽に選んでください。

選考に影響するのはネクタイの結び方です。綺麗に結ぶことを心がけてください。このような細かい部分を人事は見ているので手を抜かないでくださいね。

1-3.ワイシャツ

ワイシャツは5着あれば十分だと思います。オススメは形状記憶のワイシャツです。クリーニングにもたまに出すのですが、毎回出すのはお財布に優しくないのでなるべく形状記憶のワイシャツを買ってください。形状記憶のワイシャツはシワになりにくいのでオススメです。

色は白だけで大丈夫です。カラーシャツは社会人になってから買ってください。

1-4.手帳

手帳は絶対に必要なので就活用に買ってください。これはシステム手帳よりも普通の手帳をオススメします。大きめの手帳だと説明会や面接の日程が書き込めて便利です。

1-5.就活ノート

就活ノートは作った方がいいと思います。

就活をすると必ず企業ごとにマイページという自分専用のページができます。ログインするのにメールアドレスとパスワードが必要になるので企業ごとにページを作りメモしておくと後々スムーズにいきます。

同じページに企業研究した項目も書いておきましょう。

1-6.ビジネスバック

これも必須アイテムです。履歴書やエントリーシートなどを入れるのにビジネスバックは絶対に必要です。高いものでなくても大丈夫ですので、リクルートスーツと一緒に買ってください。

ビジネスバックも社会人になったら自分の好きなブランドを購入してください。研修中はこの就活で使っていたビジネスバックで十分です。

1-7.パソコン

パソコンも一台は必須だと僕は思ってます。なぜ必要なのかというと履歴書、エントリーシート、webテスト、説明会の予約など就活をする上で絶対に必要になってきます。

スペックはそんなに高くなくて大丈夫ですので、ノートパソコン一台は用意しておきましょう。すでに持っている方はそのまま使ってください。

僕の経験ですが、持ち運べるサイズのノートパソコンがオススメです。就活は空き時間が結構多いので、空いた時間にエントリーシートなどを書いたりするためにもコンパクトなものがオススメです。

1-8.プリンター

プリンターも絶対に必要です。企業によっては専用のフォーマットの履歴書やエントリーシートのダンロードが必須になります。

プリンターのスペックは印刷さえできればいいので高性能なものは必要ないです。一つ購入しておくと非常に便利です。

1-9.適正検査の問題集

これは早めに買って対策しておいた方がいいと思います。実際に就活が始まってからは適正検査を対策する時間があまりないです。

僕は適正検査の対策をほぼしないまま就活に突入してしまい、適正検査に苦戦しました。

出される問題はだいたい同じである程度練習しておけば本番でも十分解けるので、早めの対策がいいと思います。

この適正検査はテストごとにいろんなタイプがあって、それぞれ対策しておかないと点数が取れません。

また製薬会社の適性検査はボーダーが結構高めです。これには理由があってMRはMR認定試験という試験に合格しなければならないので、これに合格できる学力は必須です。これは僕が就活の際に人事の人が言ってましたので間違いないです。

会社によっては適正試験のハードルがとても高い企業もあります。面接までいくためにもここで落とされたくないので対策は入念にしておいてください。

1-10.コート

コートも必須アイテムです。結構寒い時期に就活は行われるのでコートは買っておいてください。ダウンジャケットは就活には適してないです。

このコートですが、後々着れるデザインのコートがオススメです。

会社説明会や面接の際にコートは事前に脱ぎますので、自分が気に入ったデザインのコートを買ってください。

社会人になってもコートは何着も買わないです。むしろ就活の時期にしっかりとしたコートを買っておけば何年も着れますので自分が気に入ったブランドのコートを買ってください。

1-11.パソコン用のメールアドレス

これも必須です。就活すると企業や就活サイトから大量のメールが送られてきます。就活用のメールアドレスをYahoo!mailかGmailで一つ取得しておきましょう。

2.まとめ

お疲れ様でした。ここまで読んで頂きましてありがとうございます。就活はお金がかかります。交通費も最終面接まで行かないともらえないことが多いです。長期化させないためにも準備は入念に行いましょう。ばーい。




コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

L

製薬会社の営業(MR)をやっていました。自分の興味があることを発信したくてこのブログを作りました。 楽しんでください!!