【就活生向け】MRの将来性とMRへの就職について




パンダ
MRへの就職を考えているけどMRの将来性ってどうなのかな

このような疑問を解決できるように記事を書いていきます。

1.MRの将来性は厳しいけどあります

これが結論になります。

医療業界の環境の変化により以前よりMRという職業は厳しい職業になってきています。

製薬会社は今後どうなるのかー将来性について考えてみますー

2017.10.02

とはいえまだまだ新卒採用に力を入れている製薬会社も多くありますし、MRは必要とされています。

2.就職する製薬会社は選んだ方がいい

以前はMR認定試験にさえ合格してしまえば中途採用で自分が行きたい製薬会社に転職することは比較的簡単でした。

ただ、今はそういった融通が利かないので将来、別の製薬会社に転職することを前提に就職することはあまりおすすめできません。

別業界への転職なら大丈夫です。

従って、新卒で入る製薬会社はしっかりと選んで入社した方がいいですね。

会社によっては新薬がコンスタントに出る製薬会社もあれば、ほとんど新薬が出ない製薬会社もあります。

3.新卒で入社する方におすすめの製薬会社

一つ目が新薬の開発力が高い製薬会社です。

新薬が開発できない製薬会社は今後どうなるのかわかりませんし、MRとしてスキルアップするためには新薬の上市経験は重要です。

調べ方は各製薬会社のホームページにいくと新薬の開発状況が一覧になっているのでそこから確認することができます。

メガファーマの特徴

2017.09.27

もう一つは領域をある程度絞っている製薬会社です。

MRとして働く上で領域が多いと勉強するのが大変ですし、効率が悪いです。

ある領域に特化したMRは今後も重宝されます。

スペシャリティーファーマの強み

2017.09.27

従って、新薬の開発力が高い製薬会社領域を絞っている製薬会社に就職するのがいいですね。

3-1.新薬の開発力が高い製薬会社

何社かおすすめの会社を紹介します。

  • 第一三共
  • 田辺三菱
  • アステラス製薬
  • 武田薬品工業
  • 協和発酵キリン
  • MSD
  • グラクソ
  • ノバルティス
  • アストラゼネカ
  • 中外製薬
  • バイエル薬品

詳しい製品は割愛しますが、どの会社も非常に研究開発力が高く、評価の高い製品が多くあります。

将来性もあります。

3-2.領域を特化している製薬会社

  • 参天製薬
  • ノボノルディスクファーマ
  • イーライリリー
  • マルホ
  • ツムラ

こちらも領域は割愛しますが、領域に特化しているので高い専門性を身につけることができます。

将来性もあります。

4.MRなるには学歴が必要か

まずバックグランドはあまり関係ありません。

文系、理系、薬剤師

いろんな方がMRとして働いています。

また学歴(大卒以上は条件としてある)も各社の適正試験に合格できる学力があればそこまで関係ありません。

ただ、この適正試験のボーダーは各社で異なり結構高めに設定している会社もあります。

製薬会社に入ってしまえば別に学歴なんて気になりませんし、営業実績の方が重要視されます。

5.MRは給料が高い

新卒入社で入ることができる会社の中ではMR職はかなり給料が高い部類に入ります。

1年目でも人によっては年収で約500万くらいもらえる人もいます。

新卒で約500万もらえる会社はそんなに多くはないです。

しかも最初のうちは営業成績が悪くてもしっかり給料がもらえるので安心してください。

MRの年収についてMR経験者が語ります

2019.06.04

6.MRになるには

特別なことは必要なく他の業界とほぼ同じです。

大体の企業が書類選考・適正試験→グループディスカッション(ない会社もある)→一次面接→二次面接→最終面接

面接の回数は会社によって違いますが、ほぼ確実に書類選考と適正試験はあります。

面接では別に特別なことも聞かれなくて自己PR、学生時代に頑張ったこと、志望動機が中心ですね。

そこで、MRを目指すのであればMRという仕事をしっかり理解することが大切です。

自分をアピールするのが面接ですが、そもそもどんな仕事なのかを理解していないとアピールポイントがずれてしまう可能性があります。

あとは業界と企業研究ですね。

どんな領域に力を入れているのかについては把握しておくといいですね。

7.MRへの就職はおすすめなのか

これに関してはおすすめできる点もあればおすすめできない点もあるというのが結論です。

よくニュース等で知っている方も多いと思いますが、MRが働く環境は年々厳しくなってきています。

従って、製薬会社に入社できれば定年まで働くことができるのかといえばそんなことはありません。

別に製薬業界に限った話ではないですけどね。

ただ、新卒で入ることができる会社の中では給料が高いですし、1年目から自分の担当施設を持って、自分の意思である程度仕事をすることができます。

従って、責任感や決断力は他の仕事より身に付くと思います。

自分がミスをしてしまって売り上げが下がれば自分の実績が減るので責任は自分にあります。

営業職なので、基本的には一人です。

従って、自分で判断を下さなければならないケースも多いです。

あと経費を使うことができるのですが、この使い方も勉強することができます。

こんな感じでMRに就職することでそれなりに身につくことはありますし、給料もある程度もらえます。

だから、自分の実力を試してみたいと思っている方はMRへの就職はアリだと思います。

一方で安定した企業で長く働きたいという考えの方にはあまりおすすめできません。




コメントを残す