面接で必ず聞かれる「志望動機」について解説します




今回は就活や転職で必ず聞かれる志望動機について解説していきます。

志望動機についてはいろんな考え方がありますので、今回は僕なりの考え方をご紹介します。

1.志望動機はなぜ聞かれるのか

採用する企業側の立場になって考えた際に採用担当者は「なぜうちの会社に入社を希望するのだろうか」という疑問を感じると思います。

だから、入社を希望する方に志望動機を聞くわけですね。

会社は星の数ほどありますので、その中でなぜ自社なのかということは採用担当者であれば気になるところです。

2.志望動機に必要なポイント

志望動機を考える際にはポイントをしっかりと抑える必要があります。

志望動機を抑える際に必要なポイント

・熱意

・自分が貢献できる点

・応募しようと思った理由

これらのことをしっかり盛り込むことで説得力のある志望動機が出来上がります。

2-1.熱意

熱意とは理屈的なことではなく、感情で訴えかけるということです。人には感情があります。嬉しい時は嬉しいと感じますし、悲しい時は悲しいと感じます。

志望動機も同じで入社したいという気持ちを相手に伝えることが必要です。

それでは、この熱意はどのようにしたら相手に伝わるでしょうか。

僕の考えでは会社のことをどれだけ調べたかということが熱意を伝える際には大切になってくると思っています。

自分の好きなことは知らず知らずの内に自然と様々なことを調べますよね。

人は好きなものに関してはいろんなことを知りたいと思います。

従って、熱意を伝えるには会社のことを徹底的に調べて、それを志望動機でアピールします。

そうすれば、人事の方も「ここまで会社について調べてきているのだから、この方はよほどうちの会社に入りたいのだろう」と思います。

2-2.自分が貢献できる点

これは自己PRと少し被る点ですが、志望する会社に自分がどれだけ貢献できるのかを伝える必要があります。

例えば、営業職を志望している求職者がいたとします。この方は、営業のアルバイトを過去にしていて、営業力に自信があります。

そこで、「営業力を活かして商品を売ることができます」とアピールすれば人事も「この方はうちの会社で活躍してくれそう」と思います。

実際にはこんな単純にはいきませんが、会社が求める能力を自分が持っていればそれを存分にアピールすることは必要です。

2-3.応募しようと思った理由

応募しようと思った理由も大事です。似たような事業を行っている会社はたくさんありますので、その中でなぜこの会社なのかという点をしっかり伝える必要があります。

この応募しようと思った理由は応募したきっかけを書いてもいいと思います。エピソードを交えて伝えるといいと思います。

3.会社には必ず経営する上で大切にしていることがある

いろんな会社が世の中にはありますが、似ている会社はあっても同じ会社は存在しません。それは、経営者が大切にしていることがそれぞれ違うからです。

例をいくつかご紹介します。

実力主義の会社:実力主義の会社はその名の通り実力を主に大切にしている会社です。和気あいあいと働くよりも成果にこだわって働くという考え方の会社です。

年功序列の会社:年功序列の会社は社歴を重要視していて長く勤めることを主に大切にしている会社です。自分で判断してガツガツ働くというよりは社歴が上の人の指示を聞いて働くといった形です。

このように経営者が大切にしていることは社風に現れてくるので、その考え方に共感できないとその会社で働くのは厳しいと思います。

従って、企業理念や会社の歴史も確認してください。これらには経営者の考え方が強く反映されています。

ミスマッチをなくすためにもしっかりと企業研究をしてくださいね。

4.面接官は面接の際に何を見ているのか

僕が就活生だった頃いつも疑問に感じていたことがあります。

それは、「面接って何を基準に合否を決めているのだろうか」ということです。

短くて10分、長くても1時間の面接の間にその人のことを「どれだけわかるのだろうか」という疑問は就活が終わった後も解決しませんでした。

面接のエピソードなんて、あまり当てになりませんし、本当かどうかも怪しいです。

そこで、僕はいろんな人にこの話題を持ちかけて、いろんな意見を聞いた上で僕なりのこの疑問に対する答えを作りました。

それをご紹介します。

・面接の際の最初の10分はかなり大切

・エピソードで大切なことは本当かどうかではなくてしっかりと辻褄があうかどうか

・その人が持つ雰囲気

これらのことを面接では見ています。企業にとって欲しい人材とは入社後に活躍してくれる人材です。

これを話したから面接に合格するというよりはその人の考え方を重要視していると思います。だから、突っ込まれた際に的確に応答することの方が重要です。また、社会で必要なコニュミケーション能力がしっかりと備わっているのかということも面接ではみています。

いろんなスキルは研修で身につければいいですが、やる気やコニュニケーションへの考え方というのは研修で身につけることが難しいです。

従って、その人の本質の部分を面接では見ているのではないかと僕は思っています。

5.まとめ

志望動機に正解はありません。合格した志望動機が正解です。だから、企業に対する素直な気持ちをアピールしたくださいね。最後まで読んで頂きまして、ありがとうございました。ばーい。




コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

L

製薬会社の営業(MR)をやっていました。自分の興味があることを発信したくてこのブログを作りました。 楽しんでください!!