薬剤師の転職についてMR目線で感じたこと




MRとして働いていると薬剤師の方と多く接する機会があります。

医薬分業が進み調剤に関しては薬局が主に行いますがいろんな薬局を訪問すると働く環境というのはかなり違っています。

そこで今回は薬剤師の転職について書いていきたいと思います。

1.薬剤師免許があるのでどこでも働くことができる

薬剤師の方は薬剤師免許を持っています。

従って薬局であれば求人も多くあり自分にとっての働きやすい環境をある程度求めることができます。

薬局といっても種類は豊富にあります。

薬剤師が働く主な場所

  • 病院の薬剤部
  • 大手チェーン薬局
  • 個人の経営する薬局
  • 製薬会社

大きく分けるとこのように分類されます。

それでは一つ一つ解説していきます。

1-1.病院の薬剤部

病院は院内薬局と院外薬局に大きく分けることができます。

病院の薬剤部は院内薬局のことです。

院内に採用される薬剤というのはかなり絞られており通常薬審と呼ばれる審査を通過しないと院内採用にはなりません。

従って扱う品目は必要な薬剤のみになります。

また病院は主に重篤な患者さんを受け入れますのでそれなりの危険度が伴う薬剤を扱います。

従って病院の薬剤部ではより専門的な仕事がメインとなります。

こんな人は病院へ

専門的な医療に携わりたい方は病院の薬剤部で働くことをオススメします。

続いてワークバランスですが

病院は休みが少ないです。

従ってシフト制で勤務することになります。

シフト制というのは休日を十分に習得することができますが、世間一般の仕事の方とはなかなか休日を合わせることが難しいです。

従って、他の職業の方と頻繁に予定を合わせたい方には向いていないと思います。

1-2.大手チェーン薬局

この大手チェーン薬局で働く薬剤師が一番多いです。

また大手チェーン薬局は大きく医療機関の門前薬局と面薬局に分けられます。

どちらも業務内容は大差ないですが、扱う薬が異なってきます。

1-2-1.門前薬局

門前薬局は主に医療医薬品を扱います。扱う品目は紐づいているクリニックの診療科によって変わってきます。

また、医療機関との連携が重要となります。密に連携をとり、扱う薬剤を調整していく必要があります。

これにはMRを利用するのがいいと思います。説明会時に同席を頼めば断るMRはいないと思います。

また、長期的に通う患者さんが多いため患者とのコミュニケーションも多くとり様々な角度から健康についてアプローチします。

病気って心理的にも悪い影響を及ぼします。患者さんが安心できるようにコミュニケーションを取るのも薬剤師の仕事の一つです。

こんな人は門前薬局で

医療機関と連携して医療に貢献したい人は門前薬局で働くことをオススメします。

1-2-2.面薬局

面薬局とは主にOTC医薬品を扱いますが、医療用医薬品も扱います。

門前薬局があっても薬は家の近くの薬局でもらうという考えの患者さんもいらっしゃいます。

従って医療用医薬品も取り扱っています。

面薬局の特徴は特定の医療機関の門前ではないためいろんな医療機関の処方箋を受けます。

ただ、メインはOTC医薬品ですのでこちらを取り扱いたいと考えている方は面薬局で働くことをお勧めします。

OTC医薬品は医師の診察なしで購入できるため、薬に関しての説明は薬剤師がしなければなりません。

こんな人におすすめ

OTC医薬品を通じて医療に貢献したい人は面薬局で働くことをお勧めします。

1-3.個人経営の薬局

意外と多いのがこの個人経営の薬局です。

経営に携わっているのはMR経験がある人やMS経験がある人もいます。

薬剤師から開業したケースもありますので一概には言えません。

個人経営の薬局はDr.との関係が強いところは本当に強いです。

また比較的アットホームな環境で働いている印象があります。

業務は大手チェーン薬局とほとんど同じですが、様々な融通が聞くのが個人経営の強みです。

こんな人におすすめ

アットホームな環境で働きたい人にはオススメです。

1-4.製薬会社

製薬会社も薬剤師免許を持っている人を求めているケースもあります。

MRのサポート業務やいろんな資料を作ったりするまさにコントロールタワーのようなポジションです。

MRの知識量で対応できない時は僕も相談します。

いろんなデータから的確な回答を頂けるのですごく助けられます。

こんな人におすすめ

製薬会社のサポート業務をやりたい方にはオススメです。

2.共通点

薬剤師の資格を活かして働くのであれば知識量と専門業務はどこで働くにしても同じであると思います。

調剤は薬剤師免許がないとできませんので、これは薬剤師の強みです。

3.変わってくること

ここで大事なポイントですが、薬剤師として働く上で環境というのは大事です。

福利厚生、職場環境、ワークバランスはそれぞれ微妙に違ってきます。

店舗を移動したり責任のあるポジションについたりとステップアップもありますので、もし今の環境で満足できない方は転職されることをお勧めします。

僕も多くの薬局に訪問していますが、それぞれのカラーがあります。

薬剤師免許があれば転職のハードルはそこまで高くないので自分が理想とする職場に近づけるように転職活動をしてみるのも悪くないのではないでしょうか。

4.オススメの転職サイト

薬剤師の転職を行うには転職サイトに登録することでスムーズに転職活動が進みます。

転職サイトに関してはこちらで紹介しています。

MRから薬剤師への転職を考えている方へ

2018.06.07




コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

L

製薬会社の営業(MR)をやっていました。自分の興味があることを発信したくてこのブログを作りました。 楽しんでください!!