MRの仕事を中の人が解説します-PART1-




今回はMRの仕事にはどんな仕事があるのか丁寧に書いていきます。僕はプライマリー領域のMRしか経験がないので、オンコロジーMRの仕事とは少し違うかもしれません。

1.通常の面会

 

1-1.開業医

これが一番多いですね。MRは毎日、医療機関に車で訪問して先生と面会します。

開業医の場合、受付のスタッフさんに名刺を渡して「◯◯製薬の△△と申します◇◇先生に面会させて頂いてもよろしいでしょうか」とお願いして順番が来るまで待ちます。

患者さんが多いクリニックだと他の製薬会社のMRも訪問してます。一日何社までとか絞りがあるクリニックもあります。先生が忙しいと今日は面会できませんと言われてしまうことが多いです。

そんな時はパンフレットとメッセージを渡して後日出直します。

面会までの待ち時間ですが、これは短い時で5分長い時で1時間30分待ったことがあります。

診察の後に基本的に面会ですので診察が長くなれば待ち時間は増えます。

続いて面会する時間帯ですが、ゴールデンタイムと呼ばれる時間帯に訪問することが一番多いです。

ゴールデンタイムとは

★午前の診療終わり

★午後の診療終わり

★午後の診療前

この3つの時間帯のことを指します。クリニックによっては午前診療終わりのみのように訪問時間に制限があるのでそれぞれ確認しておく必要があります。

このゴールデンタイムに訪問しますが、午後の診療前に面会させて頂けるクリニックは少ないです。実際に面会できたとしてもこれから午後の診察が始まるので結構、慌ただしくてあまり話すことができないケースが僕の経験では多いです。

あとは、アポイント面会です。

アポイントの取り方は直接クリニックに行って取得するか、メール、電話を利用して取得する方法があります。メールの場合だと先生が忙しい場合返信を頂けないこともあるので大変です。

アポイント面会と通常の面会で違うことはアポイントを取得する必要があるかどうかです。面会の中身は同じです。

アポイント先はもちろんアポイントを頂かないと面会することができないので計画的に活動する必要があります。

アポイントを頂けば確実に面会できることがアポイント面会のメリットです。

アポイントを取得する必要がない医療機関は面会を訪問しても面会を断られることも多々あります。

1-2.病院

病院は開業とは少し違って医局で先生を出待ちするというのが通常です。アポイント制の病院も多くあります。

病院は基本的に立っていることが多いです。先生が現れる一瞬のチャンスを狙う訳です。時間を決めて立つというのが基本になってきます。

長い時だと一時間程医局にひたすら立っていることもあります。これは出待ちと呼ばれます。

訪問する時間帯は朝に病院に行ったり(朝駆け)、昼休みに訪問したりと開業医とは少し時間帯が異なります。またカンファレンスや説明会の後に訪問すると先生に会える可能性が高いのでしっかりと予定を確認します。

病院はアポイントでもない限り開業医の時のようにゆっくりと話せないので資料を渡して一言伝えることが多いです。

話せたとしても立ち話になりますので長い時間は話せません。

病院の場合はゆっくりと話せる時間を確保することが大切になってきます。

2.副作用情報の収集

薬には副作用がつきものです。従って実際に出た副作用をMRが収集して会社に報告して統計をとるという仕事もあります。副作用は出ることが事前にわかっていればその対策がしやすいものです。

薬の飲み合わせで副作用が生じたりもするのでしっかりと把握して伝える義務があります。

特に発売したばかりの新薬はデータの数が少ないので特にこの副作用をチェックします。

必要に応じて患者さん向けの薬に関しての指導箋を持って行ったりします。渡す際にしっかりと説明してからこのような患者さんに渡して欲しいということを伝えます。

3.クレーム処理

これは製品に欠陥があった場合の返品や交換に応じるものです。ほとんどありませんが、製品が割れてしまったり、ラベルが剥がれていたりすることがごく稀にあるのでなぜこうなったかというのは調べて報告して新品に交換する仕事です。

返品に関してMRはMSと主にやりとりします。薬の納品を行うのはMSですので順番としては

医療機関→卸→メーカー

の順に返品されます。

続いて

卸→医療機関の順に代わりの薬が納品されます。

MRと医療機関とのやりとりは状況を把握することです。

4.PMSの依頼と回収

PMS(Post Marketing Surveillance)と呼ばれます。市販後調査のことです。これは製薬会社が様々なデータを収集するためにスタディを組みます。医療機関に協力してもらい有効性や安全性のデータを集計するというものです。

実際にスタディを組むのは本社ですが、登録と回収はMRが行います。これは会社によっては外部に委託しているところもあります。

登録ですが、対象の患者さんの条件を提示して先生に症例を選定してもらいます。期間内に何度かデータを記入してもらい回収します。終わったら謝礼金を振り込んで終了となります。

後日、本社が集計して先生に結果を持っていきます。

PMSはMRであれば必ず経験することです。書類が多いので仕事自体は結構大変です。

5.相手からの説明会の依頼

通常だと説明会はMRから依頼するのが普通ですが、中には得意先からやって欲しいと頼まれるケースがあります。

これも通常の説明会と同じで弁当とお茶を持って行き、スクリーンとプロジェクターを使って製品や疾患に関してのプレゼンをします。資料もしっかりと作ります。

これは相手からの要望なので内容は相談した上で決めます。

6.行事参加

主に夏は納涼会、冬は忘年会です。たまに新年会やお花見会、お月見会といった季節のイベントもあります。あとは有名なゴルフコンペです。

なぜこの行事にMRが呼ばれるかというと、雑用と人数合わせです。このようなイベントは開業医が多いですが、病院でも多少はあります。

いろんな名目がありますが、ほぼ飲み会です。この時にMRに求められることは、気配りと盛り上げることです。飲み会の席では飲み物がなくなったら注文したり、焼く肉だったら肉を焼くといったことが求められます。そして、出し物やったり、いろんな人と話して会を盛り上げます。

これ正直結構辛いです。僕は最大限楽しむようにしてますが、仕事なので気は使いますよね。最近は経費も少なくなってきて行事にもあまり参加できなくなっています。

別に参加したから何か起きるとかではないので、断ってもいいと思います。ただ参加すれば、他メーカーのMRと色々話せたり、先生やスタッフさんといつもとは違う話ができたりするので、悪いことばかりではないです。

ただ参加しすぎると仕事に響く(稼働が減る)ので、自分の売り上げと日程や経費と相談して決めるといいと思います。

そこで参加した方がいい行事はクローズな行事です。参加するメーカーも先生が選んだメーカーだけの少人数制の会は行った方がいいと思います。

行く必要がないのがとりあえず大人数でやる会です。僕も何度か声かけてもらいましたがそのコンセプトが「行事に参加してMRの方に楽しんでもらいたい」だそうです。

このように言っていただけることはすごくありがたいことですが、いくら相手が「楽しんでもらいたい」と思っていてもMRは仕事で参加するので、プライベートのようには楽しめないですね。

仕事ですので気を使うのは間違いないです。だから僕はこのような会は断ります。

7.書類と日報と清算

MRは会社員なので外勤以外にも内勤の仕事があります。まず提出物です。これは大量の書類があります。主にトレース表、活動計画、経費の使用予定などです。他にもいろんな部署から提出書類の依頼がきます。

他のMRと話した際にはこの書類が多くて大変という意見が多くでます。僕も書類は苦手ですね。

続いて日報ですが、基本的には毎日書きます。訪問した施設と話した内容を上司に報告します。日報はスマフォやタブレットから打てるのでスキマ時間を活用して効率よくこなしていくのがオススメです。

そして訪問の際に発生した駐車場代や説明会の時のお茶代、弁当代、MSとの昼食代などを清算します。領収書の数が非常に多いので基本的には週はじめに一回清算します。この清算の際に日当が一緒に振り込まれます。

講演会など経費が発生する政策が多いと精算するのに時間がかかるので精算するための時間を確保する必要があります。MRは時間をうまく使っていかないと仕事が溜まっていきます。

また書類は本当に多いので、時間見つけてコツコツと終わらせるのがいいと思います。期限を過ぎると上司から怒りの電話がくるので、締め切りには余裕を持って僕はやるようにしてます。見たら時間がかかるもの以外すぐに返信がオススメです。

さらに時間がかかる書類に関しては僕の場合、付箋に書いて手帳に貼っておきます。そして終わったら捨てます。

この方法はやり忘れがなくなくなるのでオススメです。手帳でなくても車内に貼り付けているMRもいましたね。目に入りやすいところに貼っておくのがいいと思います。

8.最後に

MRの仕事ってこんな感じです。これに営業職として自社製品を普及させる仕事が加わりますし、後輩を指導したり、先輩のフォローをしたりと本当にいろんな仕事があります。定期的に知識を増やす勉強会、営業のスキルアップを目指す研修もあります。最後まで読んで頂きありがとうございました。ばーい。




コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

L

製薬会社の営業(MR)をやっていました。自分の興味があることを発信したくてこのブログを作りました。 楽しんでください!!