MRの転職にオススメの転職サイトを紹介します




転職する際にはまず転職サイトに登録する必要があります。ただ、転職サイトの数は多いので、どの転職サイトに登録すればいいのかわからないと思います。

そこで、MRが転職する際に登録すべき転職サイトをご紹介します。

1.転職活動について

転職活動は就職活動のように期間が決められている訳ではなくいつでも転職活動をすることができます。

従って、自分が転職したいタイミングで転職活動をすれば大丈夫です。

転職活動をする際にはまず転職サイトに登録します。

続いて登録した転職サイトに

職務経歴書履歴書をアップロードします。

そして自分が応募したい求人に応募します

これらの書類が無事通過すれば面接となります。

面接の回数は就職活動ほど多くなく比較的スムーズに決まります。

具体的な面接の回数は企業によって違いますが、2回から3回が多いです。

このプロセスは就職活動とほぼ同じです。

ただ、転職活動をする際には職務経歴書や履歴書を添削してくれたり、面接のアドバイスや練習をしてくれる転職エージェントという強い味方がいます。

転職エージェントはこれだけではなくその人に合った求人を紹介してくれたり、仕事の特徴を教えてくれたりと非常に親身になって転職活動をサポートしてくれます。

さらに転職エージェントを経由して企業に応募すれば企業に求職者をアピールしてくれるので選考を有利に進めることが可能です。

また、企業側とは交渉しにくい面接の日程も転職エージェントが代行してくれるので、在職中でも安心して転職活動を進めることができます。

従って、転職活動をする上では転職エージェントのサービスを利用した方がいいですね。

これだけのサービスを受けることができるので、お金がかかってしまうのでないかと思っている方もいらっしゃると思いますが、転職エージェントのサービスは無料で受けることができます。

そこで、なぜこんなありがたいサービスを無料で受けることができるのかというと転職エージェントは求人を掲載している企業から報酬を受け取っているからです。それだけ優秀な人材を確保したいと企業は思っているわけですね。

自社で募集しても求める人材が応募してくるとは限らないので、それならば転職エージェントに優秀な人材を探してもらいたいという企業側の狙いがあります。

2.転職エージェントを利用する際に気をつけること

基本的には嬉しいサービスばかりの転職エージェントのサービスですが、唯一気をつけなければならないことがあります。

それは自分の意図しない求人も紹介されるということです。

逆に「こんな魅力的な求人もあるんだ」と思うケースもありますが、自分が興味のない求人も紹介されるケースもあります。

ただ、紹介されても興味がないという意思をしっかり伝えれば問題ありません。

なるべく自分が希望する求人を紹介して頂く為にも自分の希望条件を転職エージェントには細かく伝えた方がいいですね。

3.オススメ転職サイト

登録すべき転職サイトをご紹介します。転職サイトの登録は一つだけという決まりはないので、自分が興味があるサイトにいくつか登録しておくといいと思います。

3-1.DODA


DODAは転職サイトとしての知名度もかなりある有名な転職サイトです。メディカル業界専門の転職エージェントも多数在籍しています。DODA限定の求人も多数あるので求人数にも定評があります。

3-2.リクルートエージェント


リクルートエージェントはリクルートが運営する転職サイトです。就活の際にはリクナビを利用した方が多いと思いますので、イメージはつきやすいと思います。医療系の転職にも強く、的確なアドバイスをして頂けます。

3-3.パソナキャリア




【パソナキャリア】は親身で丁寧なサポートに定評がある転職サイトです。

パソナキャリアでは業界、職種別のチーム体制を取っているので、それぞれの経験に沿ったアドバイスをしてくれます。

現職の方にもお越し頂けるように平日・土曜日は日中だけでなく夜間も面談が可能です。

これは非常にありがたいサービスですね。

また、経験だけでなく求職者の雰囲気にあった案件を紹介してくれます。働く上では社風も大事です。

さらに面談に行くと転職活動のノウハウが詰まったガイドブックがもらえます。

このガイドブックは転職活動をする上で知っておいて損はない情報が詰まっているのでとても役に立ちます。

3-4.マイナビジョブ20’s




マイナビジョブ20’sは20代に特化した転職支援サービスです。

この転職サービスの特徴は20代に特化しているということです。

マイナビグループは転職サービスを他にも展開していますが、20代に特化しているのはこのマイナビジョブズ20’sだけです。

また、取り扱い求人の80%から90%は通常の転職サイトでは掲載されていないような非公開求人です。

企業の人事部とのネットワークが強いのが伺えますね。

4.エージェントサービスを利用しない場合にオススメの転職サイト

すぐには転職するつもりはないが、どんな求人があるのかを確認したり、自分にはどんな転職先があるのかを知りたい場合にオススメの転職サイトをご紹介します。もちろん気になる求人があれば応募することも可能です。

4-1.リクナビNEXT

リクナビNEXTはリクルートが運営している転職サイトです。

求人の数が非常に多くさすがリクルートといった感じです。

リクナビネクストに登録するとグッドポイント診断という適正診断を受けることができます。これは質問に答えて自分の性格を分析してその結果から適した職業を案内してくれるサービスになります。所要時間は20分から30分程です。

自己分析をする際に非常に便利ですので、ぜひリクナビネクストに登録してやってみてくださいね。

4-2.MIIDAS




MIIDAS(ミーダス)はDODAが運営する新しいタイプの転職サイトです。

通常であれば求職者から企業に応募しますが、MIIDASでは経歴を登録しておくと企業側からオファーがくるといったサービスになります。

また、自分の経歴から適正年収を判定してくれるサービスもありますので、登録して自分の市場価値を調べるものいいと思います。

!注意点ですが、MIIDASでは求職者側から応募することができません。できるのは企業に「アピール」や「興味がある」といった意思を伝えることのみになります。

4-3.キャリコネ




10万件の企業口コミ。キャリコネは企業の口コミサイトです。

実際にその企業で働いている社員が口コミを投稿しているので、かなり信頼できる情報です。

登録すると口コミを見ることができます。

従って、自分が興味のある会社の実態を調べるには非常に適したサイトです。

5.転職する際に気をつけること

転職活動をする際に気をつけることを書いていきます。知っているか知らないかで大きく転職活動の結果は変わりますので、参考にしてください。

5-1.次の仕事が決まるまでは今の会社を辞めない

これは大事なことです。今の会社を辞めてからの方が時間が多くあり転職活動がしやすいと思いがちですが、そんなことはありません。確かに時間は多くあると思いますが、先に辞めてしまうと選考に響きます。

僕の考えではブランクがあっても問題ないと思っていますが、企業側はそうは思っていませんので、必ず転職先が決まってから会社を辞めるようにしてください。

5-2.転職していることを会社の人には言わない

これ結構大事です。転職活動をしていることが会社にバレてしまうととても面倒なことになりますので、絶対に転職活動していることは言わないでください。仲の良い先輩や同期にも言わない方がいいですね。

5-3.転職することを決めたら転職活動は長期化させない

転職活動は長くするものではありません。転職すると決めたら一ヶ月から二ヶ月の間で決めてしまいましょう。

ただ、転職をするかどうかの判断には時間をかけてください。

理由は一度辞めてしまうと基本的にはその会社には戻れません。転職は成功する可能性の方が高いですが、失敗することもあります。

従って、いろんなサイトから情報を収集してから転職活動に踏み切ってください。

就職活動よりも転職活動の方がスムーズにいきますので、焦らずに自分の理想の働き方を考えてくださいね。

L
僕が特にお勧めする転職サイトはパソナキャリア、リクナビネクスト、キャリコネです。迷っている方がいらっしゃいましたら参考にしてくださいね。




コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

L

製薬会社の営業(MR)をやっていました。自分の興味があることを発信したくてこのブログを作りました。 楽しんでください!!