ゴルフで100を切るために実践したこと-PART2-




前回の続きです。

今回は練習する上で参考になる方法を中心に書いていきたいと思います。

1.ゴルフスクールには通うべき

これは僕も悩みました。練習してもなかなかうまくならなかったので、スクールに入会しようかと思いました。

しかし、MRは不定期に仕事が入ってくるので、空いた時間に練習したいという僕の考えがあったため結局スクールには入りませんでした。

ゴルフを上達する上で大切なことは正しいフォームを身につけることです。

たまに練習しているとちょっと変わったフォームで打っている方を見かけます。

一度固まってしまうとなかなか修正が効かないのがゴルフのフォームです。

しかし、オリジナルなフォームでもうまい人はたくさんいます。

プロだってそれぞれ違うフォームで打っています。

最終的にはフォームはそんなに関係ありませんが、正しいフォームで練習した方が成果は早く出ます。

そして、ある程度基礎のフォームを身につけた後に自分なりの要素を追加していけば大丈夫です。

プロはこの基礎があるからこそ成り立っているので、土台となるフォームを身につけないといつまでたってもうまくなりません。

だから正しいフォームを教えてくれるスクールには入れたら入った方がいいと思います。

2.女子プロのフォームを参考にする

数多くのプロゴルファーがいますが、男性のプロのフォームは正直レベルが高すぎて一般人には参考になりません。

従って、比較的参考にしやすい女子プロのフォームを真似してください。女子プロのフォームはお手本のようなゴルフのフォームです。少ない力で正確に飛距離を出すゴルフをまずは目指します。

テレビでプロゴルフの中継を放送してますので、それを見てこんな感じなのか思うだけで大丈夫です。

3.僕は誰にゴルフを教えてもらったのか

ゴルフスクールに通っていない僕がなぜ通常レベルまでゴルフが上達できたのかというと会社の先輩得意先の先生他社のゴルフのうまい先輩MRに少し教えて頂きました。

昔はゴルフが流行っていて製薬会社もゴルフ接待というものができました。今はできません。

だから、ゴルフをやっている先輩がたくさん僕の周りにもいるわけです。ゴルフをやっている人は練習に定期的に行くので、その際に僕もご一緒させて頂きました。そして練習して疑問点などを聞いたり、悪い部分を修正してもらったりして少しずつ上達しました。

先生と一緒にゴルフの練習に行くこともあります。その際に先生からアドバイスをもらったり、一緒に来た他メーカーの先輩に話を聞いたりと環境にすごく恵まれていたのが大きかったと思います。

完全に一人で練習するのはなかなか厳しいと思います。

僕も始めたばかりの時に友達と練習にいきましたが、「どっちが飛距離が出るのか」と競争したりして結局、遊んでしまって全く上達しませんでした。

本気で上達するにはうまい人と練習に行くか、スクールに入るかして誰かに教えてもらわないと厳しいと思います。

そして、一人で練習する時間も作ってください。

実際のラウンドはアドバイスとかないので、復習の意味も込めてたまに一人で練習に行くと上達が早まります。

4.100を切るためのちょっとしたテクニック

技術は上がっても実際にラウンドで力を発揮できなければいいスコアはでません。

そこで、やっておいた方がいいテクニックについてご紹介します。

4-1.スコアは数えない

ホールが終わるとスコアを記入しますが、途中で今、いくつかについては計算しない方がいいと思います。

計算すると変なプレッシャーがかかってしまいます。「後何打、打つと100が切れない」とか「100を切るためには何打で抜けなければならない」とかを考えるのは辞めた方がいいと思います。これを考えるのであればどうすればリスクを少なくできるかを考えた方がいいと思います。

4-2.リスクマネジメント

ゴルフはリスクマネジメントが大切です。池や森といった障害をいかに回避できるかやフェアウェイでいかに打てるかが本当に重要です。

ゴルフ場はプレーヤーを楽しませるためにいろんな障害物を設置してきます。僕が過去に面白いと思ったのはアイランドグリーンです。

アイランドグリーンとは文字どおり島をシメージしたグリーンです。グリーン自体が島になっていて周りは池です。だから正確に打たないとグリーンにオンすることができません。外せば池ポチャのOBです。

池に入れないために事前に自分がグリーンに一打で乗せることができる飛距離にボールを調整しなければなりません。

このような形でリスクマネジメントをしながらプレーすると楽しいですし、スコアもよくなります。

4-3.悪くても切り替える

ちょっと叩いてしまっても次のホールまでには切り替えて臨みましょう。大崩れだけは避けたいところです。

ちなみに全てのホールをダブルボギーで回った場合スコアは72+36=108でボギーの場合は72+18=90です。

100を切るためにはボギーペースで回って、少しのミスなら許されるような状況です。

特にスコアを落としたくないのがショートホールロングホールです。

ショートホールはボギーかパーを狙いたいです。あわよくばバーディー。

ロングホールはボギーをキープする。

ショートホールは距離が短いため、いいスコアを狙いやすく、ロングホールは距離が長いため、打数が多く設定されているのでここで、なるべく叩かないようにします。

これらのことが全てうまくいけば無事100が切れます。一回切るとどんどんスコアが伸びていくのでゴルフが楽しくなります。

5.まとめ

お疲れ様でした。最近はゴルフをする機会は減ってますが、スポーツとして楽しいのでやる価値はあります。僕のピーク時に比べればプレーする機会は減ってますが、やるとなんだかんだゴルフは楽しいですね。最後まで読んで頂きましてありがとうございました。ばーい。




コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

L

製薬会社の営業(MR)をやっていました。自分の興味があることを発信したくてこのブログを作りました。 楽しんでください!!