自分への印象が悪い相手に対するアプローチ方法




自分のことをあまりよく思ってない場合や、自分の所属する会社の印象が悪い場合も営業をしているとあります。

また自分や会社の印象が悪いと扱う製品の印象も同時になぜか悪くなってしまう二次災害的なことが起きてしまいます。

そのような場合でも仕事をしなければならないので今回は、不利な状況での対応について書いて行きたいと思います。

1.なぜ印象が悪くなるのか

自分に対しての印象が悪い原因はいくつかありますが、代表的なものとして個人の癖が受け入れてもらえないことがあります。

個人の癖は今までの環境が大きく影響しているので知らず識らずの内に身についてしまった可能性があります。そして、この癖によって自分が気づかない内に相手の印象を悪くしていることがあります。

一つ一つが積み重なることにより大きな悪い印象を相手与えてしまうことになります。

小さいことは軽視しがちですが、積もり積もれば無視できないので、気をつける必要があります。

また初対面の場合、大きな影響を与えるのが見た目です。会話をしていないので相手を判断する際には見た目が主な情報となります。

相手にとって好ましくない見た目をしていた場合は悪い印象がついてしまいます。

2.悪い印象はすぐには消えない

一度ついてしまった悪い印象はなかなか消えません。変なレッテルを貼られてしまうとそれを払拭するには時間がかかります。

従って、悪い印象がつかないようにするのが大切ですが、なんらかの事情で悪い印象がついてしまうケースもあります。

この場合、静かに行動することが大切です。会話も普段より自分は聞き手になり、アクティブな活動は控えるようにします。

悪い印象の相手にガツガツと営業してもやはり効果は薄いです。せめて相手への印象を普通くらいまでは回復させないといい結果は出ないです。

この静かな活動をコツコツと続けていけば時間が解決してくれます。悪いから良いまで変えるのはかなり大変ですが、普通までならそこまで難しくありません。

悪い印象がついていると不思議と通常なら問題ないこともなぜか問題になってしまいます。

従って、これ以上悪い印象を与えないことも大事です。

3.自分の常識が通用しないこともある

自分の中の常識は相手にとっては非常識なこともあります。

これに気付ければいいのですが、なかなか気付くチャンスが来ないのも事実としてあります。

だから、相手から自分への対応が明らかに悪い場合は、自分の言動や行動を振り返ってみるのも一つの手です。

なかなかストレートに言ってくる人は少ないので自分で気付くしかないと思います。

また対応が良くないのは自分に対してだけなのか、全員に対してそうなのかということも大事です。

自分だけ、対応が悪い場合はやはり自分に問題があります。全員同じであれば相手のキャラクターの問題だと思います。

僕の経験からすると、面会に行くといつも数秒で面会が終わってしまう相手がいましたが、後々調べたら全員同じ境遇にいたということもありました。

4.印象が悪いと批判的なことを言われる

印象が悪いと批判的なことが目立ちます。相手によく思われていないので当たり前と言えば当たり前ですけどね。

辛いですが、これも自分の成長と思って受け止めることが大事です。

その人にとっては気に入らない点があるので、一つのアドバイスと思って受け止めることが重要です。

十人十色ですので、いろんな相手がいます。

どんなに優れた作品でも好みが分かれるようにどんなにうまく立ち振る舞っても気に入らないと思われることだって時にはあります。

5.二次災害

これは前任者が相手にとって印象が悪い場合、同じ会社というだけでなぜか自分への印象も悪くなるということです。

スタート地点はマイナスのスタートです。

僕も営業していて感じますが、得意先は会社ごとにカテゴライズするのが好きです。

従って、個人の印象には会社の印象が深く関わっているような気がします。

会社というのは組織ですから別に人ではありません。

それなのにいつ間にか人みたいにイメージが創られています。

なぜ、このようなイメージが創られるのかというと、僕の考えでは組織を構成しているのは人であるからだと思います。

人の集合体が組織なので、組織を構成する社員一人一人の日頃の活動が大きく組織の印象に影響していると思いますね。

MRはずっと同じ得意先を担当することはありません。

良い印象も悪い印象も担当交代によりリセットされますが、後任者のことも考えて活動することも組織としては重要ですね。

特別なことをする必要はありませんが、最低限、後任者が普通に仕事ができるようにすることは大切です。

それが後々、会社のブランド力にも繋がってきます。

スタート地点がマイナスというのは厳しいものです。

時間もかかりますし、労力もかかります。本当に大変です。

6.まとめ

悪い印象がついてしまった以上最低でも普通までは立て直さないと何事もうまくいきません。地味な活動になると思いますが、我慢してやっていけば必ずチャンスが来ます。悪い印象がつかないことに越したことはありませんが、もしなんらかの理由でついてしまっても諦めないで活動してみてくださいね。最後まで読んで頂きまして、ありがとうございました。ばーい。




コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

L

製薬会社の営業(MR)をやっていました。自分の興味があることを発信したくてこのブログを作りました。 楽しんでください!!